NEWS

2018/5/18 更新

セライタリア・ジロ限定モデル「SP-01」本誌山口が本場イタリアでテストライド

サドルの特徴はなんといっても、その独自のサスペンション構造にある。乗る前にサドルを押してみると、ベースがしなやかに動くことで座面が左右独立して動くことが確認できる。ただ、またがってペダリングしてみると、座面が動くような不安はなく、腰を安定させたペダリングが可能だ。これはベースがライダーの体重により沈み込むことで、安定した状態をつくっているからだ。ただ、路面から大きな衝撃が来ると、しっかりとサスペンション機能を発揮し、そのショックを和らげてくれる。

まさにレーシングモデルだが、快適性が高く、グランフォンドやロングライドにもオススメできる。また、どちらかといえば座面はフラットというより、ラウンドしており、ラウンド形状を生かした骨盤をロールさせたいライダーが好むサドルと言えるだろう。

テストはジロでも走るアップダウンのある、プロセッコの産地でも知られるエリア。約80kmを各国メディアとともに走った。

▼セライタリア・SP-01 ジロ・デ・イタリア限定モデル
価格:2万9500円(税抜)
サイズ:S3 L3
レール:Ti316
問い合わせ:日直商会 nichinao.jp

ベースのカーボンが左右で独立して動くことで、独特のしなやかさを実現している

レールはカーボンではなくTi316レールを採用する

サイズはIDマッチによるS3とL3の2種類となる

元プロ選手のブルセギン・マウリツィオがガイド

今回のテストライドをガイドするのは元プロ選手のブルセギン・マウリツィオ。ジロでは総合3位に入るなど活躍した選手だ。現在、イタリアンツアー(https://italycyclingtour.it/)でガイドツアーを開催するほか、プロセッコ、アメッツ(http://www.amets.it/)の製造を手がけている。ボトルに描かれたイメージのロバは、彼が飼っているロバに由来する

page top