東京発!一泊二日でのんびり走る 千葉・銚子自転車旅

東京発!一泊二日でのんびり走る 千葉・銚子自転車旅

土曜日の朝、輪行で遅めに東京を出発しても、昼前には千葉県の銚子駅に着く。
そこから始まる、潮風に吹かれながら走る一泊二日のスローな旅。
急ぐ必要はない。のんびり見どころをたどるのが、銚子の正しい走り方だ。

見どころが集まっているから
のんびり走るのに最適。

千葉県銚子市。遠いように思えるが、たとえば東京駅を8時半ころに出れば、11時過ぎには銚子駅に着いてしまう。この手軽さと、美しい風景や名所がギュッと集まるコンパクトさがウケて、サイクリストにも人気のエリアとなっている。そんな銚子を、読者モデルの田中彩佳さん、鈴木達朗君といっしょに走ってみよう。
今回は輪行でJR銚子駅へ。駅前で輪行を解いて、さっそくサイクリングスタートだ。ヒゲタ醤油に寄った後、銚子漁港、銚子ポートタワーを横目に海岸沿いを走り、このあたりで有名な海鮮レストランで遅めの昼食。
そこから犬吠埼まで続く美しい海岸沿いの道は、「犬吠埼エンデューロ」という自転車イベントのコースにもなっている。君ケ浜の手前で、海越しに遠く犬吠埼灯台が見えてくる雄大なシーンは、銚子サイクリングのハイライトだ。
犬吠という名前の由来は、源義経伝説にあるという。源頼朝に追われた義経が銚子に潜伏していたが、追手が迫り愛犬を置き去りにして逃げた。その犬が7日7晩鳴き続けたことから「犬吠」という名前がついたのだとか。
灯台のあとは「地球の丸く見える丘展望館」を訪れ、銚子マリーナへ。ここは夕陽がきれいなことで有名な場所。銚子はここで夕陽が見られるのに加え、君ケ浜や犬吠埼では朝日も見ることができる。天気がよければその両方を楽しめるわけだ。
夜は市内へ戻り、地元の人に勧められた居酒屋で、またまた地元のおいしい魚とお酒を楽しんだ。

  • 旅の始まりはここ

    銚子駅

    JR銚子駅には観光案内所があり、各種観光パンフレットがもらえたり、自転車旅に適したルートの案内もしてもらえる。サイクルラックも設置してあり、自転車フレンドリーだ。駅前にはお土産屋さんも集中している

  • 銚子といえば醤油

    ヒゲタ醤油

    銚子駅近くにはヒゲタ醤油とヤマサ醤油の工場があり、それぞれ見学可能。予約が必要なので事前に問い合わせを。商品の購入もできる。
    銚子市八幡町516
    www.higeta.co.jp

  • 一番人気の海鮮レストラン

    一山いけす

    店内に大きないけすのあるレストラン。伊勢海老天丼はボリューム満点で地元サイクリストお薦め!
    銚子市黒生町7387-5
    www.ichiyamaikesu.co.jp

  • 銚子のシンボル

    犬吠埼灯台

    犬吠埼の先端にある灯台。国の登録有形文化財で日本の灯台50選に選出された

  • 犬吠埼の名前の由来

    犬岩

    7日7晩鳴き続けた源義経の愛犬「犬若」がそのまま岩になったといわれる

  • 灯台近くのカフェ

    君ヶ浜ベイハウス

    犬吠埼灯台近くのカフェレストラン。君ケ浜の眺望がすばらしい。銚子市君ヶ浜8853-156
    http://park10.wakwak.com/~bayhouse

日本のドーバー

日本のドーバー

屏風ケ浦
銚子マリーナから海岸沿いに遊歩道のような道が延びていて、崖沿いに通ることができる。ここを含む銚子エリアは、日本ジオパークに認定されている

この景色のなかを走ってみたかった。

翌日は再び銚子マリーナに寄り、屏風ケ浦に沿った道を走ってみることに。屏風ケ浦はイギリスのドーバーにある断崖絶壁の風景に似ていることから「日本のドーバー」と呼ばれる。「写真では見たことがあったけど、実際に近くで見るとすごい迫力!」と彩佳さん。「千葉にこんなすごい風景があったんですねー」と達朗君もびっくり。
その後はアップダウンのある「ドーバーライン」を走り、キャベツ畑越しに風力発電の風車が立ち並ぶ風景を見ながら、猿田神社へ。昨日は観光がほとんどだったので、今日は少し距離を走りたい、と達郎君。ただ右の地図にあるモデルコースをぐるっと走っても約42㎞。市内には銚子電鉄の駅など見どころがまだまだあるので、それらをまわるのも楽しい。もっと走りたければ利根川沿いにさかのぼってもいいだろうし、茨城県側に入って鹿島灘沿いに北上するコースもとれる。
東京から一泊二日でさまざまな走り方、楽しみ方ができる銚子。週末の気軽なショートトリップに出かけてみよう。

  • 晴れていれば富士山まで見える

    地球の丸く見える展望

    千葉県北東部でいちばん高い愛宕山の山頂にある。360度の眺望は思わず息をのむ絶景!
    銚子市天王台1421-1
    www.choshikanko.com/tenbokan

    銚子駅前で飛び込んだぬれ煎餅店。市内には何件かお店があり、それぞれ味が違うそうだ

  • 味わいのある駅がたくさん

    犬吠駅

    銚子駅から接続し、南部の漁港「外川」までを結ぶローカル線、銚子電鉄。その各駅は素朴な味わいにあふれる。ぜひ訪れたい。
    銚子市犬吠埼9595-1
    www.choshi-dentetsu.jp

  • 銚子市内の居酒屋で、サンマの刺身や金目鯛を堪能。これからの季節はそれに加えアジ、サバ、クルマエビなど銚子漁港で水揚げされたばかりの、旬の魚介類を楽しめる。刺身には銚子の醤油をあわせて!銚子市内の居酒屋で、サンマの刺身や金目鯛を堪能。これからの季節はそれに加えアジ、サバ、クルマエビなど銚子漁港で水揚げされたばかりの、旬の魚介類を楽しめる。刺身には銚子の醤油をあわせて!
  • 市内31カ所に設置

    サイクルステーション

    銚子市内にはサイクルラックが設置されている観光施設が多い。市内のNPO法人がオリジナルで製作した専用ラックだ

  • エリア随一の走りどころ

    ドーバーライン

    「日本のドーバー」にちなみドーバーラインと名付けられた、屏風ケ浦の上を走る道。大きく上り下りする、走りごたえのある道だ

  • パワースポットとしても有名

    猿田神社

    紀元前5年の創祀と伝えられる房総で最も古い神社。八方除けや七五三のお祓いで有名。寺社仏閣好きには外せない名所。交通安全祈願もしよう!
    銚子市猿田町1677

page top