NEWS

2017/7/2 更新

Jスポーツがツール・ド・フランスのスペシャルトークイベントを開催

赤ワイン「ヴァントゥ」を持ち、いっしょに乾杯する

このイベントは、MCに山田玲奈氏(J SPORTSサイクル部 番組ナレーター)、ゲストにフローラン・ダバディ氏(スポーツキャスター/ナビゲーター)、大木光一郎氏(ワインコンサルタント)、栗村修氏(J SPORTS サイクルロードレース中継解説)を迎え、第104回ツール・ド・フランスのコースやみどころを紹介するもの。さらに会場で実際に飲めるフランス各地方のワインやグルメの紹介などがあり、昼間から豪華なイベントとなった。

 

フランスの伝統的なワインとグルメが味わえた

ツールのステージ紹介をしながら、その土地にまつわるワインを解説。ステージの展開予想とグルメのレポートが交互に語られ、抽選で会場に招待された観客約100人は終始笑顔でグラスを傾けた。

 

ステージ上の面々もグラスを傾けながらツールの魅力を解説。栗村氏は頭にJスポーツのマスコットキャラ「ビクトリ」をかぶりながら登壇

フランス現地のメディア情報や土地にまつわるエピソードを披露したフローラン・ダバディ氏

ワインコンサルタントの大木光一郎氏は、紹介されるフランスワインをていねいにわかりやすく解説

ツールの解説はもちろん、独特なワインのグルメレポートで会場の笑いを誘った栗村氏

 

栗村氏はツールの7、9、18ステージにまつわる計3つのワインのレビューにおいて「辛口な白ワイン(リースリンク)。これはシュールなギャグが得意なゲラント・トーマスを思わせる」、「フルボディで完熟したワイン(ルージュ・キュヴェ・サン・ヴァンサン)、オールラウンダーな味わいは、まさにアルベルト・コンタドール!」、「ワイルドで野性味のある、まるでオオカミのような赤ワイン(ヴァントゥ)、ペテル・サガンだ!」と独特の評価を口にし、会場から惜しみない拍手(と若干の苦笑)を得ていた。

 

ツールの話を聞きながら、多くの観客がワイングラスを傾けた

会場ではツール・ドフランス2017のグッズも発売。オンラインショップでも取り扱い中

会場ではツール・ド・フランスにまつわるグッズが販売されたほか、Jスポーツのオンラインショップでも上記のワイン(一部異なる)を含めたセットを販売することが発表されるなど、7月23日(日)まで続くツール・ド・フランスを盛り上げる絶好のイベントとなった。

 

page top