NEWS

2018/9/18 更新

さいたまクリテへの参加権は藤田涼平が獲得!「Road to さいたまクリテリウム2018 in 彩湖タイムトライアル」

あいにくの天候となったが、本気のレーサーから家族連れまで多く集まった

ウエットな路面状況のなかを全力で走るTT出走選手たち

雨の降る平坦コースを次々に選手たちが駆け出すなか、終盤に走り出した藤田涼平選手(サイタマサイクルプロジェクト)が、彩湖のまわり約5㎞を最速で駆け抜け優勝。さいたまクリテリウム本戦への参加権を得た。藤田涼平選手は元バルセロナオリンピック選手、藤田晃三氏(ブリヂストンサイクル)の息子だ。

 

安田団長とボビー・オロゴンに祝福される藤田選手

藤田涼平選手(左)と藤田晃三氏(右)

ゴールまで全開で踏み抜く藤田涼平選手

藤田選手は「TTやアップダウンのコースが得意なので優勝する自信はありました。さいたまのチームに所属しているので、(11月4日の)本戦でも恥ずかしい走りはできませんね。」とコメント。

 

大会にはゲストとしてさいクリ広報部長の鈴木優華さん、さいたま在住タレントのボビー・オロゴン、自転車好き芸人の安田団長も参加。団長はTTレースにも参加し、見事3位の結果に(ただし最下位から)。

(左から)鈴木優華さん、安田団長、ボビー・オロゴン

ゴール直後、満身創痍の安田団長

TTレース以外にも1時間のファミリーエンデューロや3時間エンデューロが行われたほか、トレックやサーベロ、チポッリーニなど最新人気モデルに試乗できるブースも出展され、来場者を楽しませた。

 

1時間エンデューロのスターターを務める鈴木優華さん

ラピエールやサーヴェロなどの人気車種が並ぶ

レースとしてもイベントとしても、ある意味で「さいたまクリテリウム前哨戦」といえる「Road to さいたまクリテリウム2018 in 彩湖タイムトライアル」。11月の本大会への期待を大いに高めるものとなった。

 

RANKING

page top