NEWS

2016/11/15 更新

吉川美穂が「UCIウィメンズ・ワールドツアー」チームと契約

吉川美穂選手のコメント

「私、吉川美穂は2017年シーズンよりUCIウィメンズ・ワールドツアーチーム『ビスカヤ・ドゥランゴ』と契約し、海外レースを主戦場に致します。2016年LiveGARDEN
BiciStelleに受け入れて頂いたおかげで選手活動を続けることが出来、その結果、世界選手権出場を筆頭にナショナルチームの海外遠征に多く参加させて頂きました。そしてUCIウィメンズ・ワールドツアーチーム「ビスカヤ・ドゥランゴ」と契約するチャンスを掴むことが出来ました。これまで支えて下さった沢山の方々には本当に感謝しております、ありがとうございます。 2017年は単身での渡航となり、期待と不安が入り混じりますが、2020年東京五輪に向けてロードレースの本場で走れることを嬉しく思います。次に繋げられるように精一杯走ります。 また、非UCIレース(国内JBCFシリーズなど)を走る際は、これまで通りLiveGARDEN BiciStelleでの活動予定です。これからも応援よろしくお願い致します。」

UCIウィメンズ・ワールドツアーチーム「ビスカヤ・ドゥランゴ」とは

「ビスカヤ・ドゥランゴ」(Bizkaia-Durango, UCIチームコード= BPD)は、国際自転車連合(UCI)による女子プロチーム格付け最上位である「UCIウィメンズ・ワールドツアー」(UCI Womens World Tour)に名を連ねる強豪チーム。メインスポンサーはスペイン・バスク州ビスカヤ県にある「ドゥランゴ自治体(Durango)」。2004年に創立され、スペイン・バスク州において最も長くプロチームを継続しているチームである。女子世界最高峰の自転車レース「ジロ・ローザ(女子版ジロ・デ・イタリア)」や、ツール・ド・フランスを主催するASOによる「ラ・クルス by ツール・ド・フランス」の常連出場チーム。
過去には2000年の女子版「ツール・ド・フランス」及び「ジロ・ローザ」総合優勝者であるジョアヌ・ソマリバや、2011-2016年にスペインのロード&TT王者となったアンナ・サンチスらが所属した名実ともに世界トップチームの一つである。

チームウェブページ(スペイン語)→ http://www.duranguesa.com/

UCIウィメンズ・ワールドツアーとは?

「UCIウィメンズ・ワールドツアー(UCI Women’s WorldTour)」とは、UCI(国際自転車競技連合)が管轄する、女子選手向け自転車ロードレース世界最高峰レースシリーズ。2016年の発足以降、文字通り世界トップの女子選手達が参戦、年間を通して各国を転戦し世界最強の女子選手を決定する。シリーズ戦の総レース数は、欧州、北米、南米、中国などを舞台にする全21レース。開幕戦は3月4日の「ストレーデ・ビアンケ(イタリア)」、7月開催のステージレース「ジロ・ローザ(女子版ジロ・デ・イタリア)」が最高峰と見做されている。これらレースの成績によって獲得が可能なUCIポイント数により、オリンピックや世界選手権での各国出場選手枠が決定される。

page top