NEWS

2017/9/11 更新

自転車を漁船に積んでサイクリングへ!ビワイチをもっと手軽に楽しむビワイチ漁船タクシー再開決定

ビワイチ漁船タクシー

【実施期間】
8月27日(日)から11月5日(日)まで!(期間中のべ25隻程度運航予定)
 
【対象者】
・ご利用対象者/サイクリスト(自転車の航送を希望される方)
※自転車は、おひとり1台を手荷物携行として搭載します。
・運航形態/1隻ごと貸切り運航とします。
・ご利用人数/1隻あたり6~7名まで乗船可(人数が多い場合は複数隻運航とします。)
 
【ルート】
運行ルートは3つ港間を結ぶルートを選択いただきます。
琵琶湖横断航路(ショートカット)を主体に、①木浜漁港(守山市)②長命寺港(近江八幡市)③大溝港
(高島市)間の運航を行います。
沖島は、お客様のご希望により立寄り寄港します。※寄港中、自転車は漁船に搭載したままでお願いします。
 
【費用等】
一人2,000円
※観光案内(ガイド、資料、オリジナルグッズ等実費)に係る費用負担をいただきます。
 
【予約・申込みについて】
予約は事前予約のみ、電話もしくはメールにて受付けます。
◇予約・ご利用案内 守山市駅前総合案内所
℡077-514-3765 Fax 077-514-3766 メールekisou@moriyama-cci.or.jp
◇事業全般問い合せ先:守山市総合政策部地域振興・交通政策課
℡077-582-1165 Fax 077-582-0539 メールchiikishinko@city.moriyama.lg.jp
※「ビワイチ漁船タクシー」は天候の影響を受けやすく、強風時など当日欠航することがあります。

■沖島について
日本唯一の淡水湖の有人島で、現在も約400名が生活している。同沖島では、自動車は使用できず、島民は徒歩もしくは、3輪の自転車で生活をしており、漁港の風景、瀬戸内海等の島を思われる生活環境や木造の小学校など、島の日常を感じることが魅力の島。沖島では、事前予約により島の幸を使った昼食も味わえるだけでなく、ここでしか買えないお土産も販売。通常のビワイチではなかなか体験できない沖島の旅。漁船タクシーでチャレンジしよう。

page top