NEWS

2017/9/20 更新

ツール・ド・ニッポンで地域活性化!「全国サイクルツーリズム連携推進協議会」設立 

自転車×観光で地域を活性化

「サイクルツーリズム」は自転車(サイクリング)と観光を組み合わせたもので、地域活性化・地方創生への切り札とも言われるスポーツツーリズムの中でも有望な分野のひとつと考えられている。

「ツール・ド・ニッポン」は全国各地でウィズスポと地方自治体等が連携して開催しているサイクルツーリズム・イベントのシリーズ。その土地ならではの地域らしさや観光の魅力をぎゅっと詰め込んだテーマ設定や演出・おもてなしが人気を博している。2012年にスタートして今年で6年目を迎え、今年度は16地域で18のイベントを開催、のべ約15,000人のサイクリストが参加する見込みとなっている。

 

全国サイクルツーリズム連携推進協議会は、イベント事業であるツール・ド・ニッポンと連携し、イベント以外の取組みによって各地に日常的・通年的にサイクリストを呼び込むことを目指している。具体的には、「ガイド付きサイクリングツアーの実施」、「サイクリングガイド(呼称:ツール・ド・ニッポン エスコートライダー)の養成」、「イベント参加者モニタリング調査」、「外国人サイクリストのモニタリング調査」、「情報の核となるWEBサイトの整備」等を、観光庁の支援を得ながら協議会加盟各地で行う予定となっている。

 

なお「ツール・ド・ニッポン」開催地及び「全国サイクルツーリズム連携推進協議会」加盟地域は随時募集している。取組み内容及び加盟についての問い合わせはウィズスポ事務局(03-3354-2300)まで。

 

ツール・ド・ニッポン WEBサイト
http://www.tour-de-nippon.jp/series/

page top