NEWS

2017/10/19 更新

ジャパンカップサイクルロードレースでお披露目!マヴィックの「新 SSC イエロー・カー」

ロードレースに求められる全ての要望を満たす高いスペック

低速から高速まで選手の動きに合わせて自在にスピードを調整できる動力性能や、予断を許さないレース展開でもクイックに反応するレスポンスの良いエンジン、ホイールやバイクを搭載しながらスポーツカー並みの走りを見せる駆動力(AWD)といった、ロードレースに求められる全ての要望を満たす高いスペックが備わっているSUBARU。1996 年に日本で初めて MAVIC がニュートラルサービスを導入して以来、黄色い車に SUBARU を選び続けるのはこういった理由がある。

 

さらに今回の新型 LEVORG には、安全のための革新的機能「アイサイト」が進化した「アイサイト・ツーリングアシスト」が新たに加わった。全国を駆け巡る MAVIC CAR のレース前・レース後の安心安全もパワーアップしている。

 

さらに、注目すべきは「新 SSC イエロー・カー」に搭載される「新キャリア」。これまでの
「イエロー・カー」に積載できるバイクの数は 2 台だったが、「新イエロー・カー」からは完成車4 台を含む合計 6 台のバイクを積載できるようになった。これは UCI (Union Cycliste
Internationale:国際自転車競技連合)によるワールドツアーレベルのロードレースでのディスクブ
レーキ使用を受け、よりトップ選手のディスクブレーキ使用が増えることが想定されるため。
レースシーンにおけるニュートラルサービスにおいて、バイクごと交換する必要があるディスクブレーキに対応するため、フランス本国に倣って日本の「キャリア」もデザイン変更となった。

 
問:マヴィック/アメア スポーツ ジャパン
https://www.mavic.com/ja-jp

page top