NEWS

2018/1/8 更新

愛三工業レーシングチームがチーム体制発表!初の外国人選手としてダミアン・モニエが移籍

ブリヂストンアンカーからモニエが移籍

2017年のメンバーから原田裕成とメカニックの吉田正樹が退団。2018年からは既存の6名に加え、新たに3名の選手と新しいメカニックが加入する。明治大学在学中の野本空がUCIレースのみ愛三工業レーシングチームで出場。そして愛三工業レーシングチーム初の外国人選手として、ブリヂストン・アンカーからモニエ・ダミアンが加入する。
モニエ選手は9年に渡るワールドツアーチームでの経験と5年間の日本のチームに在籍していた経験を生かして選手にノウハウを伝える、言わば「先生」のような立場での採用になる。モニエ選手が集団の中で直接選手たちに指導をして本場の考え方や方法論を学ぶことで、1レース1レースでの経験値をさらに高めることができるようになれば、という狙いがある。また新しいメカニックとして、日本大学でメカニックを担当していた小松定俊が加入する。

 

チームの目標は、UCIアジアツアーでUCIポイントを獲得すること。UCIポイントを獲得することで、UCIランキングのチームランキングと個人ランキングの上位を目指すという。またオリンピックや世界選手権の出場枠を獲得するために、日本人選手によるポイント獲得、毎年6月に行われる全日本選手権での優勝もチームとしての大きな目標となる。
そして2020年に開催する東京オリンピックでの日本人選手の活躍を視野に入れ、世界での活動を目指す「JAPANプロサイクリング」から必要とされる人材を育てると共に、従来のチームの枠を超え日本人選手・スタッフが一枚岩で活躍できる環境整備にも力を注いでいく。

 

 

愛三工業レーシングチーム
http://www.aisanracingteam.com

page top