NEWS

2018/1/10 更新

世界最高峰の女子チーム「チーム・サンウェブ・ウィメン」をLivがサポート

レースはもちろん女性サイクリストのための製品開発にも注力

昨年、Liv はレース初旬のジロ・ローザのタイミングで新型軽量バイクの「Liv LANGMA ADVANCED SL」を発表。LANGMA はその後すぐにエーススプリンターのコリン・リヴェラ(アメリカ)と共に 2 度の表彰台獲得したほか、チームの中心であるルシンダ・ブランド(オランダ)とジロ・ローザのクイーンステージで勝利を収めました。チームは 2018 年シーズンも LANGMA と、UCI 世界選手権優勝バイクであるエアロロード「LivENVIE ADVANCED PRO」を使用します。

 

 

チーム・サンウェブ・ウィメンはレースで活躍するばかりでなく、サドルやハンドルバー、ダイナミックバランスドレーシング(DBL)技術を採用したホイールシステムといった、GIANT や Liv の各種機材テストに協力します。これまでも女子チームは GIANT のホイールシステムを実戦導入し、数々の勝利を収めてきました。
そして開発が完了した 2018 年も引き続きこれらのホイールシステムを使用します。またヘルメット、モーション・エッフィシェンシー・システム(MES)を搭載したシューズ、エチェオンド製のアパレルといった Liv のギアも引き続き使用します。

2018 年 チーム・サンウェブ・ウィメン使用機材

<バイク>
チーム・サンウェブ・ウィメンのライダーは、コースに合わせて「Liv LANGMA ADVANCED SL」、「Liv ENVIE ADVANCED PRO」を使い分けます。

<ホイール・タイヤ>
「GIANT チューブレスホイールシステム」と「GIANT GAVIA チューブレスレディタイヤ」を組み合わせて使用します。

<ヘルメット>
Liv ブランドの「EXTIMA」、「REV」、「ATACCA」、「ATACCA TT」の 4 種をレースに応じて使い分けます。

<サドル>
全てのライダーが、独自のダイナミックサイクリングフィット思考とパーティクルフローテクノロジーにより、ペダリング効率を高め、圧力を分散する「Liv CONTACT SLR」および「Liv CONTACT SL」を使用します。

<コックピット>
チームは、超軽量カーボン素材による高剛性な「GIANT CONTACT SLR」および軽量アルミ素材の「GIANT CONTACT SL」のハンドルバーおよび OD2 規格のステムを使用します。

<フットウェア>
モーション・エッフィシェンシー・システム(MES)を搭載した新型フットウェアをチームはテスト中です。プロトタイプは「Liv MACHA(日本未発売モデル)」同様の外観を持ちますが、パフォーマンスと快適性をさ
らに最適化しています。

<チームキット>
チームはレース、トレーニングともに Etxeondo 製の Liv 最新アパレルを着用し、製品開発にも関わります。

 

 

問:ジャイアント
https://www.liv-cycling.jp

RANKING

page top