NEWS

2018/3/6 更新

Zwiftとスペシャライズドが提携「トライアスロンアカデミー」開催

アイアンマン世界選手権への出場を目指すアマチュアチーム

世界的なオンライントレーニングプラットフォームであるZwiftは 、スペシャライズド・Zwiftアカデミー・トライアスロンチームの立ち上げを発表しました。参加申込受付を開始したスペシャライズド・Zwiftアカデミー・トライアスロンチームは、スペシャライズドの全面支援を受け、トライアスロン界で最もサポートが充実したアマチュアチームとなることでしょう。本チームは、ハワイ島コナで毎年開催されるアイアンマン世界選手権への出場に焦点を当てています。

 
2016年の開設以降、Zwiftアカデミーの画期的なプログラムは、Zwiftのバーチャルトレーニング環境を介して才能あるサイクリストを発掘してきました。カリフォルニア州に拠点を置くスタートアップ企業Zwiftが、Canyon//SRAM Racingおよびチーム・ディメンションデータと手を組んで始めたこのアカデミーからは、すでに3人のサイクリストがプロサイクリング界のメイン集団 (プロトン) に輩出されています。最近発表されたZwiftランに続き、Zwiftはトライアスロンの世界でもアカデミーのプログラムを展開します。

 

■Zwift共同創設者、CEO/エリック・ミン
「Zwiftアカデミーは、世界クラスの逸材を発掘すると同時に、Zwiftコミュニティで大変優れたエンゲージメントツールとして機能しており、大きな成功を収めてきました。我々のトライアスロンに対するアプローチは、従来とは異なるものになるでしょう。今回は、頂点を目指して努力するアマチュアのエイジグループのトライアスリートたちに焦点を当てることにしました。スペシャライズドならではのユニークな支援のおかげで、チームは世界レベルのサポートを受けられるだけでなく、Zwiftのグローバルコミュニティに属するトライアスリートたちも、チームメンバー、メンター、コーチと共にオンラインのトレーニングに参加できるようになります。これもすべて、トライアスロン界で世界最大のトレーニングコミュニティを築き上げるという当社の目標に向けた取り組みだといえるでしょう。」

スペシャライズドは最新機材を供給

スペシャライズド・Zwiftアカデミー・トライアスロンチームの選手は、トライアスロン界のアマチュアチームで最も充実したサポートの恩恵を受けることになるでしょう。もちろん、チームメンバーにはスマート・トレーナとトレッドミルも提供されます。スペシャライズドは、カリフォルニア州モーガンヒルの本社で最新ツール「Retul」を用いたフィッティングと「ウィントンネル」でのテストセッションを実施し、選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう支援を行います。さらにスペシャライズドは、以下のアイテムから構成されるS-Worksフルパッケージを提供します。

 
● Specialized S-Works Shiv
● Specialized S-Works 7 ロードシューズ
● Specialized S-Works Evade ヘルメット
● Specialized レース仕様アパレル

 

■スペシャライズド グローバルマーケティング&イノベーション部門責任者/マーク・コート
「スペシャライズド・Zwiftトライアスロンアカデミーの立ち上げに向けてパートナーシップを結ぶことに、大変な意気込みを感じています。最終選考を突破した4人のアスリートは、Zwiftのトレーニング、Retulフィットを用いたフィッティングやウィントンネルによる最適化、そしてスペシャライズドが誇る最高品質の機材など、プロレベルのサポートを受けることになります。2018年にコナで開催されるアイアンマン世界選手権に向け、アスリートたちがそれぞれの技量を進化させるのに、私たちも一助を担えるはずです。」

チームを支える最強のコーチ陣たち

最高品質の機材に加え、最高レベルのコーチングも準備されています。アイアンマンの世界記録保持者であるティム・ドン氏率いるZwiftのコーチ陣が、各アスリートに付き添ってコーチングアドバイスを行う予定です。「私も日頃からZwiftの利用者であり、毎回心から楽しんでいるので、スペシャライズドの高性能エンジニアリングチームと共にトライアスロンアカデミーを導いていく後ろ盾となれることを、大変嬉しく思います。」チームは、屋外に加えてZwiftのバーチャルトレーニング環境を取り入れた様々なトレーニングプログラムに取り組んでいく予定です。

 

さらに、チームメンバーに対してメンタリングを行うのは、スペシャライズドのルーシー・チャールズ選手です。「Zwiftは、目標を成果へと導くためにあります。私はプロフェッショナルとして、これを保証できます」と、レベル25のズイフターであるルーシー・チャールズは言います。「アマチュア選手はインスピレーションを求めているのです。ティム (・ドン) とチームメンバーがコナで表彰台に上がろうと切磋琢磨する中、私なりに力添えすることができて嬉しく思います。」

 

 


本チームに関連する諸経費は、シーズンを通してZwiftが全額負担します。出場資格が付与される予選大会は選手自らが選択し、参加費の補助として1500米ドルが支給されます。さらに、ハワイ島コナで開催されるアイアンマン世界選手権の参加費、航空運賃、宿泊費用も支給される予定です。

 

スペシャライズド・Zwiftアカデミー・トライアスロンチームへの参加申込受付は、3月18日 (日) までです。選考のため、応募者はオンラインフォームにこれまでの実績と2018年の目標について詳細にご記入ください。なお、こちらに申込書を提出する時点で、応募者はZwiftのレベル10以上に達している必要があります。最終選考を通過したチーム選手4名は、4月5日に発表予定。

 

追加情報および「スペシャライズド・Zwiftアカデミー・トライアスロンチーム」への登録は、www.zwift.com/academyをチェックしよう。

 

ズイフト公式ウエブサイト
www.zwift.com

 

page top