NEWS

2018/3/15 更新

自転車強豪「鹿屋体育大自転車部」が語学トレーニング契約を締結

世界に挑戦する選手たちを語学の面からサポート

鹿屋体大自転車部は、“世界を相手に活躍できる選手を輩出し、自転車競技をメジャースポーツにすること” をモットーに、1995 年に創設。世界に通用する人材育成、チーム作りを目指し、大学競技部でありながらプロ選手とともに国際レースを転戦するなど、大学部活動の枠を超えた幅広い活動を行っています。また、2013 年全日本大学対抗選手権(インカレ)で史上初の男女同時総合優勝を決めたほか、全日本学生自転車競技連盟(学連)主催レースや全日本選手権など国内レース、さらには日本代表選手等として参加する国際レースでも多数の勝利を収めるなど、これまでに特筆すべき戦歴を積み重ねています。

EF は 『Education First (教育を第一に)』 をモットーに、1965 年にスウェーデンで設立。現在、世界53 か国に 500 か所を超える事業拠点と直営語学学校を擁し、海外留学プログラム、法人および個人向け語学学習トレーニングサービスを提供するほか、ボーディングスクールや MBA スクール、大学・大学院など幅広い教育事業をグローバルに展開しています。EF では、“教育を通じて世界を開く”を事業ミッションに掲げており、本契約について、鹿屋体大自転車部が目指す、「世界に通用する人材(選手)を育てる」ことは、EF の信念と多くの共通点がある、としています。一方、鹿屋体大自転車部の黒川監督は本契約締結に際し、「世界に通用する選手、人材であるには語学力は必須。鹿屋体大自転車部は、日本代表選手はもちろんのこと、世界と渡り合えるボランティアスタッフとして全員で東京 2020 オリンピック目指します」とコメントしています。

 

問:イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン
https://www.efjapan.co.jp/

page top