NEWS

2018/9/21 更新

ジャイアントが守山サイクルポリスへ自転車を寄贈!パトロールなどに活用

滋賀県内では、当事者の方が亡くなられた交通事故死亡事故の発生件数は前年比11件減少の22件、また死者数は前年比12人減少の22件となっているものの、守山警察署管内では、今年1月から9月19日までに交通事故で死亡された方が6名と昨年比倍増。また、昨今ビワイチや自転車の人気が高まりを見せる中、自転車が関係する人身事故等も増えているとのこと。

同隊を所管する守山警察署生活安全課の宝泉(ほうせん)課長は、「これまで3台で活動していた中、新たな戦力が加わったので、自転車の安全な利用や犯罪の抑止にこれまで以上に取り組んで行きたい」と話した。

同署は、平成30年7月にも、同隊の名誉隊長としてプロサイクリストの三船雅彦氏を任命するほか、今回の出動式に向け、新たに専用のサイクルジャージを制作。今後は6人となった守山サイクルポリス隊の取組みに期待したい。

サイクルジャージのデザインは同署生活安全課で検討される中、警察のイメージのブルーを基本に、肩から腕にかけての赤いラインは、「赤灯パトロール」をイメージ

同隊は、毎週水曜日の定例パトロールのほか、行方不明者捜索等精力的に活動

<自転車寄贈概要>
日時:平成30年9月20日(木) 午前9時30分
場所:守山警察署
寄贈者:ジャイアント 代表取締役 中村 晃
(商品部営業課長 外山 能久氏から寄贈)
受贈者:守山警察署 署長 上内 保
参加者:守山警察署、守山市長ほか
寄贈された自転車のモデル:2018CONTEND SL1 DISC ×3台
※その他付属品など

RANKING

page top