NEWS

2018/12/1 更新

チームUKYOがJプロツアーに復帰!Jプロツアーの2019シーズン概要を発表

19チームについて、おもな変更はチームUKYO が復帰し、EQADS、アクアタマユーロワークス、ウォークライド・シクロアカデミアが抜けることになった。また、Jプロツアーの選手の参加資格はランキング100位以内を原則としている。

また、カレンダーについては大幅に変わり、目新しいところとしては東京ラウンドが最終戦として開催される。

また、従来の2イン1ポイントが廃止となり、各ラウンドのレースを2日を1日に集約することで、レース距離の長距離にするなどの変更を予定している。

エリート、フェミニンツアーについて

さらにエリートツアー、フェミニンツアーでも同じく距離を長くするほか、Jプロツアーとの交流戦、男女混走、安全講習、レースの距離、格に合わせてポイントの配点、いままで累積で計算してきた総合ポイントの採点方法の変更、市民レースでのエリートツアーレース開催なども検討している。

 

詳細についてはJBCFのホームページをチェックしよう。
https://www.jbcf.or.jp/

RANKING

page top