NEWS

2019/1/8 更新

LEOMOがモーションキャプチャー・アプリを新たに提供開始

LVS: Movement Reimagined, Performance Defined

Live Video Sync (LVS)はiPad上で動作するアプリケーションでWi-Fi環境下において屋内外問わず利用することができ、TYPE-Rと併用することにより有効に機能する。
LVSユーザーはアプリ上からiPadのカメラを用いて120fpsまたは240fpsでの動画撮影を行い、また同時に接続されているLEOMOモーションセンサーやANT+センサーから送られてくるデータと併せて1つのアクティビティログとして記録することができる。記録されたアクティビティログはその場で再生することで、トレーニングやレース現場での即座のフィードバックを可能とし、またアプリからログを出力することによりインターネットを通じて離れた場所にいるコーチ等にもすぐに共有することが可能となっている。
LEOMOモーションセンサーには3軸のジャイロセンサーと3軸の加速度センサーが搭載されており、アスリートの体に装着された最大5つのセンサーの位置から100Hzでデータを送信。また、センサーの装着位置に関しては、サイクリング向けのスコア(MPI)をアプリ上で表示させる場合は従来の6ヶ所のセンサーポジション(腰(骨盤)、足(左、右)、大腿部(左、右)、胸)より5ヶ所を選択する一方で、センサーの生データを表示させる場合においては確実に固定できる場所であれば特に制限がない。

 

iPad上でのアプリの操作は、はじめての利用者でも直感的に録画・再生・出力できるようにデザインされている。再生メニューにおいては様々なレイアウトが選択可能で、動画とセンサーデータの同期やスロー再生、リピート機能やLapボタンなど様々な機能を揃えている。
そして保存されたアクティビティログは、iTunesを利用することでエクスポートすることもできる。

「LVSは重要な瞬間の映像に定量的なデータを組み合わせられるというトレーニング現場において必要な要素が揃ったアプリケーションである」と、トニー・マルティン、ピーター・サガンなど数々の世界屈指のサイクリストを指導してきたコーチで、INSYDの共同創業者でもあるセバスチャン・ウィーバー氏はコメント。

また「エンデュランススポーツ業界において動画キャプチャーシステムは存在するものの、実際に屋外でのトレーニングやレース環境において利用できるものは他になく、且つモーションデータと動画の融合は大変貴重である」と、Peaks Coaching Groupの創設者であり、TYPE-RのベータテストプログラムをリードしてきたHunter Allen氏がコメントしている。

LVSサブスクリプション情報

LVSはサブスクリプションの購入により、ユーザーのアカウントに紐付けられているTYPE-R(1台)から送られてくるANT+センサー及びLEOMOモーションセンサーのデータをLVSアプリ上で表示させることが可能。LVSのサブスクリプションプランは以下の通りだ。

 

【月額プラン】
・500ドル(税込み)

 

【年額プラン】
・6,000ドル(税込み)
・TYPE-R1台及びLEOMOCare1ライセンス無償提供

 
システム動作環境、その他の詳細についてはこちらをチェックしよう。
https://www.leomo.io/pages/press-release-lvs-japanese

 

LEOMO, Inc.
https://www.leomo.io/

RANKING

page top