NEWS

2019/1/19 更新

LEOMOが“鉄人”アダム・ハンセンとのパートナーシップを締結

LEOMOはこれまでに、ラボやスタジオ内で限定的に実施されていた動作解析を、日々のトレーニングや実戦の場で実現するソリューションとして、TYPE-R及びLVSを矢継ぎ早に展開。
TYPE-Rは、これまでサイクリング競技の現場(アスリート・コーチ・バイクフィッター)にフォーム・動作に関する定量的な指標を提供。また、今月より新たに提供を開始したLive Video Sync(LVS)は、TYPE-RのIMUセンサーデータとカメラの動画を組み合わせた、他に例のないモーションキャプチャーアプリケーションとして、エンデュランススポーツの枠にとどまらずあらゆる競技においてアスリートのモーションを最適化する。

 

今回のパートナーシップを受け、アダム・ハンセンは、
「今まで同じバイクでの強度の違いがどれほど体の動きに変化を及ぼすかなど、プロの自転車選手として正しく把握していませんでしたが、それを見事にTYPE-Rは私に気づかせてくれました。そしてLVSはその動きの違いがどこにあるのかをピンポイントに教えてくれる革新的なサービスなのです。」とコメント。

 

LEOMO,Inc. CEOで共同創業者の加地邦彦氏においては、
「アダム・ハンセン選手をLEOMOメンバーの一員に迎え入れることにより、今後もフォーム・動作にこだわるアスリート、コーチ、バイクフィッターにフォーカスしたサービスの開発を今まで以上に加速させてまいります。」とコメントしている。

 

LEOMO, Inc.について
2012年に加地邦彦と、孫泰蔵が創業し活動するMistletoe株式会社によって設立され、アメリカ ボルダーの本社および品川区五反田の東京オフィスにおいて、スポーツデバイスの開発・製造とそれに連動するサービスの開発を行っています。社員数は35名(2019年1月現在)。
https://www.leomo.io/

RANKING

page top