NEWS

2019/6/22 更新

新型カレラ・エラクルエアが新登場! なんと!「時速100㎞超えのEバイク作っていた」と新社長

新しいカレラの第一歩となるニューモデルがエラクル エア

中央の2つがエラクルエア。ケーブル内蔵フレーム、電動コンポーネント対応。リムブレーキモデルはダイレクトマウント対応、ディスクブレーキモデルはフラットマウントとなる

エラクル エアはエアロダイナミクスと快適性という、共存しにくいふたつの要素をうまくミックスしたモデル。とくに高速レースにおける優位性を発揮。素材やジオメトリーをさらに深く研究し、安定性と安全性も兼ね備えている。素材には高弾性カーボンと高強度カーボンとを組み合わせることで、従来にはない高い剛性と強度を実現している。

エラクル エア フレームセット

34万円(税抜)

エラクル エア ディスクフレームセット

36万円(税抜)

SPEC

フォーク CM58カーボン 60HM フィニッシュ1K 1-1/8”-1.5” 重量360g

フレーム素材 45% 30t ハイモジュラスカーボン/ハイストレングスT1100 カーボンプリプレグ&カーボンナノチューブマトリックス

25% 45t ウルトラハイモジュラスカーボン/M46JBカーボン プリプレグ

10% 65t スーパーハイモジュラスピッチカーボン プリプレグ

10% ウルトラハイストレングス マルチアクセス カーボンウォーブン

10% ハイインパクト ストレングス リキッドクリスタル ポリマー コンポジットウォーブン

BB プレスフィット86×41

フレーム重量 1050g(サイズM)

サイズ XS、S、M、L、XL

 

新社長にインタビュー「赤のTD01エアが好き!」

今回、来日したシモーネ新社長にインタビューをした。

「我々はさらなる進化を遂げるため、大きな改革を行ないます。新しい次世代のカレラバイクにご期待ください」という。

社長のお気に入りモデルは?

お気に入りですか(笑)? まず私は『赤』が好きなんです。やはり赤が一番かっこいいですから。

ほとんど毎日乗っているのはフィブラネクストの赤です。剛性、エアロ、快適性のベストバランスですね。友人とちょっとレースっぽいことをするときはTD01エアです。こっちのほうがスピードを出せ、巡航速度も高いです。今はTD01エアのほうが好きかな?

 

選手として活躍し、カレラブランドを立ち上げたダビデ元社長。そのお気に入りはフィブラネクスト(フレームセット28万円)。「唯一無二のデザインだからね」

「当時作ったEバイクは時速100㎞を超えて走れたのです(笑)」

さらに具体的にこのちょっと先の「今後のロードバイク」の展望について聞いてみた。 

ディスクブレーキモデルは2020年以降も増やしていく予定です。リムとディスクの兼用モデルもです。そしてこれはまだ予定といった状態ですが、今後カレラからロードとグラベルロードでそれぞれEバイクを出します。

じつはカレラは10年以上前にすでにEバイクを作っていた経験があります。残念ながら、現在そのモデルを発表することはできませんが、当時カレラがクリエイティブで先進的だったことを証明するエピソードのひとつです。

当時の市場はまだEバイクというジャンル自体が発達しておらず、受け入れてもらえなかったこと。また同ジャンルにおける規制やルールができていなかったことが原因です。当時作ったEバイクは時速100㎞を超えて走れたのです(笑)

当時のEバイク事情を語る二人。当時のカレラEバイクは先進的過ぎた?

まさかカレラが過去にEバイクを作っていたとは! 製作中のEバイクを含め、新たなバイクと新たな変革を生み出すカレラからますます目が離せない。今後も要注目だ!

TEXT:浜田幸紀 PHOTO:廣瀬友春

問:ポディウム

www.podium.co.jp/

 

RANKING

page top