NEWS

2017/2/3 更新

ブリヂストンサイクル株式会社 レーシングチーム・サポート選手の体制発表

東京1964オリンピックが開催された1964年にブリヂストンサイクル自転車競技部の創設と共にスタートしアスリートを強化、サポートする活動は今年で54年目を迎え、東京2020オリンピック・パラリンピックが3年後に迫る中、当社としては自転車競技部(現:ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)の活動に留まらず、トライアスリートやパラリンピックを目指すアスリート、若手有望選手の発掘育成など幅広いサポートを行い、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目指します。

具体的には、自転車競技に於いてブリヂストン アンカー サイクリングチームのロード、MTB、トラックでの活動を中心に、(公財)日本自転車競技連盟の強化指定選手及び、若手有望選手の発掘育成として国内外で活動する育成ロードチーム・トラック選手へ機材サポート。また、トライアスリートとして昨年、世界ランク3位、リオ2016オリンピック代表として出場した上田 藍選手、イギリス代表のゴードン ベンソン選手へ機材サポート。パラリンピックを目指すアスリートには、メダリストの石井 雅史選手を始めとする日本を代表するメンバーへも継続して機材サポートを行って参ります。また、機材面では2016年に発表をしました「PROFORMAT」(推進力最大化解析技術)を取り入れ、アスリートの力を最大限推進力に変えることのできる技術開発を進めて参ります。

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム

ROADチーム
初山 翔 Sho HATSUYAMA (JPN)
西薗 良太 Ryota NISHIZONO (JPN)
MONIER Damien (FRA)
鈴木 龍 Ryu SUZUKI (JPN)
一丸 尚伍 Shogo ICHIMARU (JPN)
大久保 陣 Jin OKUBO (JPN)
堀 孝明 Takaaki HORI (JPN)
石橋 学 Manabu ISHIBASHI (JPN)
面手 利輝 Toshiki OMOTE (JPN)
近谷 涼 Ryo CHIKATANI (JPN)
<監督>
水谷 壮宏 Takehiro MIZUTANI (JPN)
<メカニック>
中山 直紀 Naoki NAKAYAMA (JPN)
<マッサージャー>
安見 正行 Masayuki AMI (JPN)

MTBチーム
沢田 時 Toki SAWADA (JPN)
平野 星矢 Seiya HIRANO (JPN)

ブリヂストン サポート選手

ROADチーム
上田 藍 Ai UEDA (JPN)<トライアスロン>
BENSON Gordon (GB)<トライアスロン>
秦 由加子 Yukako HATA (JPN)<パラリンピック トライアスロン>
谷 真海 Mami TANI (JPN)<パラリンピック トライアスロン>
石井 雅史 Masashi ISHII (JPN)<パラリンピック サイクリング>
川本 翔大 Shota KAWAMOTO (JPN)<パラリンピック サイクリング>
藤井 美穂 Miho FUJII (JPN)<パラリンピック サイクリング>
梶原 悠未 Yumi KAJIWARA (JPN)<若手育成選手>
小泉 夢菜 Yumena KOIZUMI (JPN)<若手育成選手>
中川 涼 Ryo NAKAGAWA (JPN)<若手育成選手>

ブリヂストン サポートチーム

EQADS(エカーズ)<若手育成チーム>
供給機材:RS9
戦績
2016 全日本ロード(エリート)17位
2016 U23世界選手権ロード 出場

Team Eurasia(チーム ユーラシア)<若手育成チーム>
供給機材:RS8
戦績
2016 全日本ジュニアロードタイムトライアル 優勝
2016 全日本高校選抜ロード 優勝

RANKING

page top