NEWS

2017/3/11 更新

ポラールがメモリを内蔵した胸ストラップ型心拍センサー「Polar H10」を発表!

H7心拍センサーの後継となるH10心拍センサーの機能強化により、より幅広い使い方をユーザが選べるようになりました。従来通り、Polarのさまざまなランニングウォッチ、サイクルコンピュータなどに使用できるほか、内蔵メモリによりH10心拍センサーのみでデータを保存できるため、水中でのトレーニングやレースにより集中できる環境を作り出すこともできます。
また、デュアルBluetoothコネクションにより、トレーニング中に装着しているポラール製品と同時に、別のデバイスにもデータを送ることができます。(2017年内対応予定)。

現在、販売している胸ストラップ型心拍センサー「Polar H7」からの機能強化ポイントは下記となります。

・内蔵メモリを追加
レース中、トレーニング中または水泳中はできるだけ身につけるものを少なくして軽くして、後から心拍数は
確認したいという利用ができるようになりました。Polar Beat アプリを起動し、トレーニングを開始すれば、H10 心拍センサーが計測を開始し心拍数のデータは内蔵メモリ内に保存されます。計測中にデバイスを装着する必要はありません。トレーニング終了後にPolar Beat と同期させ、データをPolar Flow ウェブサービスやアプリで確認することができます。

・デュアルBluetooth コネクション(2017 年内に対応予定)
2つのデバイスに心拍データを表示することができるようになります。トレーニング中に装着しているポラー
ル製品の他に、データを管理するスマートフォンの一部のサードパーティ製アプリにも心拍データを保存・管理することができるようになります。Polar Flow の他に、特定スポーツ専用のデータ共有アプリや、健康管
理アプリなどとのデータ共有が容易になります。

・心拍計測用の電極センサーの追加と、計測アルゴリズムの更新
電極センサーを両脇部分に追加し、心拍計測の精度を高め、計測アルゴリズムも更新いたしました。

・ずり下がりを防ぐストラップ機能の更新
激しい運動や長時間の運動でもずれないように、ずり下がり防止用のシリコンを追加しました。センサーの
留め具も新たにし、ずり下がりによる不快感を軽減し、正確な心拍数測定ができます。

・スポーツやアクション撮影などに利用される小型ビデオカメラ「GoPro」との互換
H10 センサーとGoPro を同期させることで、GoPro で撮影した映像に心拍数を表示することができるように
なりました。迫真の画像と共に、撮影者の「驚き」や「緊張」などを心拍数から推測しながらGoPro 映像を楽しむことができます。※GoPro HERO4 とHERO5 に対応

・ファームウェアアップデート機能の追加
Polar Flow と同期する際に、ファームウェアアップデートができるようになりました。ポラール側から新しい機能などを追加することが容易になり、さらなるユーザの利便性の向上などが見込まれます。前述のデュアルBluetooth コネクションなどもファームウェアのアップデートにより機能追加となります。

・使用時間の延長
使用時間が200 時間から400 時間へと倍に延長いたしました。

Polar H10 製品概要

色 ブラック
希望小売価格 11,800円(税別)
発売予定日 2017年3月16日(木)
セット内容 ・Polar H10 ・Proチェストストラップ ・スタートガイド
製品ページ https://www.polar.com/ja/H10 (近日公開予定)

配信元:ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社
公式ホームページhttp://www.polar.com/ja

page top