NEWS

2017/3/19 更新

ボントレガーより 足元から走りを変える『BioDynamicインソール』登場!

サイクリングシューズに適したインソールが必要な理由

サイクリングシューズには、ペダリング効率を上げるための高い剛性だけでなく、快適性も求められる。しかし正しいサポートなしでは、ペダルを踏み込んだ時に足へ不適当な力が掛かり、時に痛みを感じたりするなど快適性が損なわれる。

【一般的なインソール】一般的なインソールは、土踏まずのサポートが最適ではない。その結果、ペダリングの力は親指と第一中足(イラストの赤い箇所)に集中してしまい、快適性を損ない痛むこともある。

【inForm BioDynamic インソール】inForm BioDynamic インソールは、母指球周辺に加わったペダリングの力を幅広く均一に分散させ、快適性とペダリング効率を高める。

3D Arch

3D Arch

ボントレガー製インソールが提供する足へのサポートのカギは、独自の3D アーチが握っている。これは、足がもつ3つのアーチすべてをサポートするよう綿密に設計されたものである。内側縦アーチだけでなく、中足横アーチや外側縦アーチも考慮に入れた3D アーチの他にはないサポート性能が、圧力をより均一に分散させ、エネルギー伝達が最適となるよう、足の位置を調整し安定させる。

1 横断アーチ
2 外側アーチ
3 内側アーチ

あなたにとって最適なアーチは?

インソールの目的は、ライダーが本来持つ土踏まずの形を正しくサポートすることである。極度に土踏まずが潰れてしまうと、足の内部に、そして膝にも痛みが出始めることが多い。土踏まずに合ったアーチ高を選ぶことで、あなたの足が生まれ持った骨格そのままをサポートし、ライディング時に起きがちな痛みを和らげる。ボントレガーは、ロー(Low)、ミッド(Mid)、ハイ(High)として3つのアーチサイズを用意し、あなたに適したアーチ高を提供する。

Low Arch

Mid Arch

High Arch

Low Arch:アーチサイズ1は、扁平気味の、または土踏まずが低めのライダー向け。

Mid Arch:アーチサイズ2は、土踏まずの高さが平均的であるライダー向け。最も多くのライダーに適したスタンダードサイズ。

High Arch:アーチサイズ3は、土踏まずの高い、または大きくサポートが必要なライダー向け。

詳しくはこちらより

配信元:トレック・ジャパン

RANKING

    • B.B.BASEがバスになった!東京発のビワイチ貸切バスツアー

      B.B.BASEがバスになった!東京発のビワイチ貸切バスツアー

      2018.09.19更新

      続きをよむ

    • M9100シリーズ・NEW XTR はココが違う!

      M9100シリーズ・NEW XTR はココが違う!

      2018.09.06更新

      続きをよむ

    • 「ビアンキ×スターバックス」ミラノで特別なバイクを限定販売

      「ビアンキ×スターバックス」ミラノで特別なバイクを限定販売

      2018.09.19更新

      続きをよむ

    • ツール・ド・フランス2018 –SHIMANOシマノ–

      ツール・ド・フランス2018 –SHIMANOシマノ–

      2018.09.11更新

      続きをよむ

    • チームユーラシア-IRCタイヤが今年もUCIレースなどに参戦

      チームユーラシア-IRCタイヤが今年もUCIレースなどに参戦

      2018.09.20更新

      続きをよむ

    • ブルーインパルスJrの先導で副滑走路を走行!「松島基地ランウエイライド」開催

      ブルーインパルスJrの先導で副滑走路を走行!「松島基地ランウエイライド」開催

      2018.09.19更新

      続きをよむ

    • グローブ&防水シューズカバーが登場!レリック秋冬用バイクアクセサリー

      グローブ&防水シューズカバーが登場!レリック秋冬用バイクアクセサリー

      2018.09.18更新

      続きをよむ

    • BC11月号「東京五輪ロードコース&レース徹底予想」の内容訂正について

      BC11月号「東京五輪ロードコース&レース徹底予想」の内容訂正について

      2018.09.21更新

      続きをよむ

    • デマルキ京都が「合同販売・試乗会 in 京都」を 2日間限定で開催

      デマルキ京都が「合同販売・試乗会 in 京都」を 2日間限定で開催

      2018.09.19更新

      続きをよむ

    • ツール・ド・フランス2018 –FACTOR ファクター–

      ツール・ド・フランス2018 –FACTOR ファクター–

      2018.09.11更新

      続きをよむ

page top