NEWS

2017/9/12 更新

TernからBOSCH製ユニット搭載の電動アシスト付き折り畳み自転車「Vektron(ヴェクトロン)」登場

エコモードなら最長約100㎞のライドをアシスト

今回採用されたドライブユニットは、10㎞/hまで200%のアシストを行い、その後24㎞/hに向けて直線的にアシストを漸減。24㎞/hに達した時点でアシストを解除する仕組みとなっている。車両のセンター下部にモーターを搭載することで、安定感と高効率なパワー伝達を可能にした。

搭載される300Whバッテリーは、軽量化と長寿命化を実現。また、Chaegerは丈夫で軽量(800g)に仕上げられており、充電速度も早く約2.5時間で充電が完了する。最もパワフルな「Turboモード」で約50㎞、最も航続距離の長い「Ecoモード」を使用することで約100㎞の走行が可能となった。

スピード、走行距離、乗車時間などを表示するコントロールパネルも、もちろん日本語に対応。目的に合わせて4つのライディングモードを切り替えることができ、各モード毎に最適なアシストが供給される。

週末のサイクリングはもちろん通勤にも便利

国内での販売価格、仕様などは今年の年末に発表されるとのこと。今後情報はTern公式ウエブサイトでも発信される。

※記事内の製品画像はすべて本国発売モデル(イメージ)

問:アキボウ
http://ternbicycles.jp

page top