NEWS

2018/6/18 更新

ピナレロの最新モデル「プリンス」が登場 !

前輪にあわせたダウンチューブ形状を採用。F10譲りのコンケーブデザインを採用する。またEリンク採用で、Di2モデルではスッキリとしたジャンクション収納

ガン(緑)とプリンス(青)の比較では、フレームをさらに大径化し、非対称デザインにより、ダウンチューブとシートチューブを右側にオフセットさせている

フォークはオンダフォークで、空気抵抗低減のためF10譲りのフラップを採用した

ブレーキはノーマルブレーキを採用しつつ、台座付近に凹みをもたせたことで空気抵抗の低減を実現

フォークもブレーキ台座をオフセットすることで、ダイレクトマウントを使わずに空気抵抗の低減を実現している

カーボン素材についてはF10ではT1100Kを採用するが、プリンスではT900とT700を採用

BBはピナレロらしくスレッド式を採用。剛性の高さが際出る乗り味に貢献している

ジオメトリーは従来のガンと同じジオメトリーを採用している

「F10の軽さを継承し、ガンよりもソフトに乗りやすい」(編集部山口)

まず乗りやすさがプリンスFXの特徴だ。

踏み出しは軽いが、巡航スピードに乗せていったときにシルキーな乗り心地が印象的で、まさにフラグシップF10の速さを快適さを引き継いだセカンドモデルという乗り味だろう。路面からの振動がとにかく少なく、スムーズに走れる。ガンRSと比較するプリンスFXの路面からの振動を和らげてくれる感じが高くなっている。

さらにフレーム重量が960gとこのクラスとしては軽めで、走らせたときに進む感じも軽い。ロードレースはもちろんだが、ロングライドなどより快適さを重視するライダーにもオススメしやすいバイクだ。また、かといってフレームが柔らかいわけではなく、ガンRSと比べてもフォークもしっかりしていて扱いやすく、コーナリングでの安定性はかなりハイレベルだ。

 

本誌・山口

35歳からロードレースに復帰し、乗鞍1時間切を機会に、国内最高峰のJプロツアーで走るレース好き編集者。本誌ロングターム企画ではピナレロ・ガンRSに乗っている

PRINCE FX デュラエースDi2 11S完成車:97万円、 アルテグラ 11S完成車:52万8000円 フレームセット:45万5000円 サイズ:44SL, 46.5SL, 50, 51.5, 53, 54, 55, 56, 57.5, 59.5, 62(CC) マテリアル:ハイストレングスT900カーボン フォーク:ONDA with ForkFlap T900 重量:940g(サイズ530) タイヤ:700☓28Cまで対応 UCIプルーブド

PRINCE カンパニョーロ・ポテンツァ完成車:43万5000円 アルテグ ラ完成車定価:43万5000円 NEW105 11S完成車:38万5000円 フレームセット:27万5000円 サイズ:44SL, 46.5SL, 50, 51.5, 53, 54, 55, 56, 57.5, 59.5, 62(CC) マテリアル:ハイストレングスT700カーボン 重量:960g(サイズ530) タイヤ:700☓28Cまで対応 UCIプルーブド

PRINCE DISK アルテグラ完成車:47万8000円 フレームセット:29万5000円 サイズ:44SL, 46.5SL, 50, 51.5, 53, 54, 55, 56, 57.5, 59.5, 62(CC) マテリアル:ハイストレングスT700カーボン 重量:980g(サイズ530) タイヤ:700☓28Cまで対応 UCIプルーブド

問い合わせ先:ピナレロジャパン

※写真とパーツの仕様、カラーなどの詳細は変更される可能性があります。また、価格も為替等の影響で変更される可能性があります。

RANKING

page top