NEWS

2018/7/3 更新

設定はディスクのみ!スペシャライズドからエアロロードSワークス ヴェンジ 登場

スペシャライズドだけがもつ専用風洞施設「ウィントンネル」による、エアロダイナミクスの研究と解析が生み出したフラッグシップモデル。しかしその最大の特徴は、逆説的な言い方をすれば「エアロダイナミクスだけに特化しないオールラウンドエアロロード」であることだ。もっともわかりやすい進化のポイントは軽量化。前作の完成車モデルより600gも軽くなり、ディスクブレーキ装備かつディープリムホイール採用完成車でわずか7.1㎏(サイズ56)! 「ディスクブレーキ化による重量増」という概念を打ち払う数値を達成している。

 

翼断面形状のハンドルバー。良く見るとフラット部分に粒上滑り止めがついている

ほぼ完全にインターナブル化されるケーブル&ワイヤー類

またシートポスト内に電動コンポーネントのジャンクション部分を収納。簡単にオン/オフ操作ができるうえに、一体化したことで流れる空気を整える。さらにディスクブレーキモデルの開発にあたっては完全にゼロから設計しているため、ときに他ブランドで見られるような「元のリムブレーキモデルをディスクブレーキ化しただけ」とは設計の意味合いがまったく異なる。なお「ヴェンジシリーズ」にリムブレーキバージョンは展開されない。

 

シートポスト内に電動コンポーネントのジャンクションを内蔵

8㎜アーレンキーによるホイール着脱が標準だが、別売りでリリースタイプも展開

見えない部分での進化は、ヴェンジを形成するカーボンにおいても言える。バイクの乗り味や快適性、軽さを決定づけるカーボン積層レイアップのピース数を300台から500台へと上げ、剛性が必要な部分には必要な「厚さ」を、軽量化できる部分には必要な「薄さ」を与えている。

マットブラックな仕上げは武骨で迫力に満ちているが、ダウンチューブロゴやヘッドチューブのマークは、光の当たる角度によって虹色に輝く特別なカラーリングが施されている。

 

 

マジョーラカラーのような妖しくも美しい輝きを放つロゴ

ベテランインプレライダーの評価はいかに?

プロダクトマネージャーのここだけの話とは?

じつは語るべき進化のポイントがまだまだあるヴェンジヴァイアス……。ベテランライダーによるインプレッションやプロダクトマネージャーによるここだけの話など。より詳しく深い話は、7月20日発売のバイシクルクラブ9月号本誌にて!!

 

page top