NEWS

2019/2/7 更新

新たな限界を超える! SRAM12速コンポ「eTap AXS」登場!

待望の12速化! そして随所に光る新テクノロジー

主なキーポイントはこれだ。

①12速化した新しい電子シフト用ドライブトレイン

②専用のAXAアプリ(iOS/Android対応)でコントロールのカスタマイズや
 バッテリー残量の確認などができる

③進歩したギヤレンジにより、より理想的なギヤ比を実現

 

ここでは発表された各パーツの特徴を紹介しよう。

より正確に、スムーズになったギアまわり

現代のバイク、そしてライダーに最適なしたギヤ構成を採用することで、よりスムーズなライディングを可能にする。

具体的にはフロントのギヤを小さく、リアのギヤレンジを大きくすることで歯数差を少なくし、滑らかなシフトを実現した。
また、これによりケイデンスの変化も少なくなり、長距離をよりラクに走ることもできるようになった。

フロントチェーンリングは2×と1×をそれぞれラインナップ。
1×ではエアロチェーンリングも用意する。

2×はダイレクトマウントで、50/37T、48/35T、46/33Tの3種類を展開

1×のスパイダー+チェーンリングでは36T、38T、40T、42T、44T、46Tを展開

1×のエアロチェーンリングもダイレクトマウントで、48T、50Tを展開する

カセットは10-26T、10-28T、10-33Tを展開。トップ11Tは廃止され、ワイドなギヤレンジとなっている

新形状のチェーンはさらに強度・耐久性アップ

フラットトップになった新設計のチェーンが登場。
12速化したことで幅はより薄くなったが、この形状を大径ローラーを採用することでパワー伝達効率はそのまま、現行モデルの11速RED eTapチェーンよりも強度と耐久性を向上させた。

さらに、静穏性に優れ、キレのある正確なシフトフィールを実現している。

2×と1×に対応したディレイラー

リアディレイラーは1×と2×両方に対応、ローギヤ最大33T、トータルキャパシティ36Tまで対応する。
また、軽量フルードダンパーを搭載し、新形状のチェーンと組み合わせることで、どんな路面状況でも安全かつ静かな乗り心地だ。
気になる変速スピードは既存のRED eTapよりも速くなっているという。

 

フロントディレイラーは700×42cまで対応。それ以上幅広のタイヤを装着する場合は外し、フロントシングル(1×)での仕様が推奨される。

 

2×は12速化したことにより24段変速となるが、実際はインナートップでの操作ができないようにセットされているため、事実上23段変速となる。
ブレーキシステムはディスクブレーキとリムブレーキの両方を展開する。

シフターはRED eTap同様、シフターごとにCR2032が1個必要。ディスクローターはロードが160㎜、シクロクロス/TT/トライアスロン/クリテリウムでは140㎜を推奨する

スマホからさまざまな操作が可能に

AXSアプリ(iOS/Android対応)は、ブルートゥースによってスマホとコンポーネントを繋ぐことができる。
すべての更新はこのアプリを介して行われ、またライダーの好みに合わせたカスタマイズも容易だ。

また、メンテナンス情報の取得やファームウエアの更新、バッテリーの状態なども確認できる。
さらに、ロードとMTBのコンポを組み合わせれば、ワイヤレスのロックショックス・リバーブの制御もできる。

eTap AXSでは、その他にもチェーンリングに統合されたQuarqパワーメーターや、エアロバイクのためのBlip Boxマウントなども展開。

 

さらに詳しい情報は2/20発売の『BiCYCLE CLUB 4月号』で紹介する。

 

 

 

問:インターマックス www.intermax.co.jp

RANKING

page top