NEWS

2019/3/21 更新

ラファが新しいシューズ コレクションを発表

冒険ライドのためにデザインされた2つのシューズ

ロードレーサーとアドベンチャーサイクリストのために、ラファが初めてゼロからデザインした全く新しい2種類のサイクリングシューズをリリースします。2年間という開発期間を経て、スケッチブックのデザイン画を製品へと具現化。
クラシックとエクスプロアの2モデルを履いて、ラファが新しいステップを踏み出します。開発にあたっては何万キロという実走テストが行われました。ヨーロッパを横断するバイクパッキングライドから各地のクラブライド、ラクラン・モートンをはじめとするEFエデュケーションファーストのワールドツアー選手まで、ライダーからのフィードバックが製品作りに生かされています。

エクスプロアとクラシックという新しい2種類のシューズは、ともに史上最高の快適性を実現するという理念のもとに開発が進められました。クラシックシューズには、耐久性が高く滑りにくいサーモプラスチック製のアウトソールと、高い剛性を誇るフルレングスのカーボンプレートが組み合わされています。エクスプロア シューズには、歩きやすさとパワー伝達性能を実現するために約3⁄4の長さのカーボンプレートが採用されており、ゴム製のアウトソールが組み合わされています。独創的な二層構造のレーシング(靴紐)システムが抜群のフィット感をもたらします。調整可能なアーチサポートを備えており、比較的ゆったりとしたつま先のボックスが長時間ライドで快適性を発揮します。
開発過程の中で、伸縮性のあるプラーによる締め付けシステムのテストも行われましたが、担当デザイナーのジョエル・サラミンは伝統的な靴紐を採用する決断を下しました。単なる伝統的な靴紐ではなく、ミッドフット部の二層生地がシューズを前衛的なデザインへと昇華させています。

 

■ジョエル・サラミン(ラファ デザイナー)コメント
「アッパー部分は一体成型の軽量なマイクロファイバー生地で作られています。ミッドフット部は生地を折り込むことで『ダブルウォール』を形成しています。土台となるカーボンソールとは頑丈に接合されており、足の甲に沿った二層生地が紐穴の役目を果たします。その間に通される靴紐は耐久性の高いポリエステル製です。靴紐を締め上げることで足の甲の全体に締め付けテンションが配分され、局所的な圧迫感を排除するとともに、快適性の高い柔軟なフィット感を生み出します。シューズ全体の耐久性を高めるとともに、ラファはシームレスな美しいデザインに仕上げました。画期的だったので、同じ構造と同じフィット感を2つのシューズに採用しています」

 

■ラクラン・モートン(EFエデュケーションファーストのプロ選手ならびにラファの製品テスター)コメント
「数ヶ月前にこの新しいクラシック シューズを受け取って、トレーニングやレースで実際に使用してきた。全開走行にも耐える軽量さと剛性感をもちながら、ソールはとにかく頑丈で、ストラーデビアンケのようにパンクで未舗装路に佇む可能性があるレースでも安心感がある。ホテルのロビーを歩いている時も、カフェストップに立ち寄る時も、この新しいソールが活躍するんだ。それに、ピンク色はEFのチームキットにとてもよくマッチしている」

▼クラシック シューズ

価格:¥30,000(税込)
カラー:ホワイト、ブラック、ブラックパール、ハイビズピンク、RCCカラー

今ままでの美しいシルエットを保ちつつ、全てを一新する。それがクラシック シューズのデザインにおける原則でした。
効率的にペダリングパワーを伝達する剛性の高いカーボンソールの上に、バイクを降りた際にカーボンを守るタフなサーモプラスチック製のアウトソールが組み合わされています。高耐久でグリップの効くTPU製のトレッドは、カフェストップ時の歩きやすさをもたらすだけでなく、グラベルライドなどでも活躍します。
ラファは新たに独創的な二層構造のレーシング(靴紐)システムを採用。シューズ本体の生地に備わった高耐久の紐穴に、頑丈な靴紐が組み合わされます。このレーシングシステムが広範囲に締め付けテンションをもたらすとともに、局所的な圧迫を防ぎます。ローカットのアッパー部分が足首周りの干渉を排除。しっかりとしたヒールカップがシューズのずれを最小限にします。一体成型のアッパー素材は縫合部分のないマイクロファイバー製で、穴あけ加工が施されています。また、ラファのトレードマークであるトーストライプはストラップとしてつま先部分の微調整を可能にしています。

▼エクスプロア シューズ

価格:¥36,500(税込)
カラー:ブラック、ブラックパール、ダークグリーン、ハイビズピンク

単に既存のロードモデルを仕様変更しただけのオフロード用シューズが散見されますが、ラファの新しいエクスプロアシューズは過酷なコンディションに立ち向かうための専用設計が施されています。ドロミテのトレイルからサハラ砂漠まで、30,000kmにおよぶバイクパッキングの冒険ライドやウルトラエンデュランス(超長距離)レースでテストが繰り返されました。シューズの核となるソールはカーボン製のプレート。ロード用シューズと同様の軽量性と高い剛性を誇りますが、1つ大きな違いがあります。カーボン製のプレートは、かかとから3cm、つま先から2cmずつ短くカットされているため、前後の柔軟性が向上しています。悪路や急坂でバイクを押さなければならない状況でも、快適に歩みを進めることができます。頑丈なゴム製トレッドがどんな路面でも抜群のトラクションを発揮します。クリートが突き出ないデザインによりスリップの心配もありません。この2つの要素を合わせもつエクスプロア シューズのソールが、ペダリング時にパワーを効率よく伝達するとともに、快適な歩行を実現します。
その他、エクスプロア シューズにもクラシック シューズと同様の特徴が多く採用されています。成型されたヒールカップがかかとをしっかりとホールドし、つま先のボックスはゆったり目。ラファを象徴するトー ストラップによりつま先部分の履き心地を微調整することができ、時には靴紐のホールドともなります。様々な足の形に合わせて調整可能なアーチサポートを備えており、ローカットなアッパー部分が足首周りの干渉を防止します。クラシック シューズにも採用されている独創的な二層構造のレーシング(靴紐)システムが締め付けテンションを均一化し、局所的な圧迫感を排除。柔軟なフィット感を生み出します。

それぞれの商品の詳細はこちらをチェックしよう。
https://www.rapha.cc/stories/stepping-up

 

Rapha
https://www.rapha.cc

RANKING

page top