NEWS

2017/2/21 更新

KINAN Cycling Teamレポート//ツールドフィリピン第3ステージ

KINAN Cycling Team が出場中のツール・ド・フィリピン(Le Tour de Filipinas、UCI アジアツアー 2.2)は 2 月 20 日、第 3 ステージが行われ、中島康晴が序盤の逃げに乗りレースを先行。100km 以上のエスケープの後、終盤にトマ・ルバが合流。最終的にトマが ステージ 6 位、中島が 12 位となった。この走りによって、トマは個人総合でも 6 位に上げている。

暑さと雨に見舞われているフィリピンでの戦いは、いよいよ後半戦に突入。第 2 ステージまでを終えて、ジャイ・クロフォードが総合 5 位、トマが 9 位につける。また、第 2 ス テージでは人数が絞られた先頭集団に中島が加わったほか、山本元喜と椿大志も序盤の逃げやアシストの動きを通じて調子を上げてきている。

第 3 ステージは、ナガからダエトまでの 177.35km。カテゴリー山岳が設けられておらず、スピードに富んだレース展開が予想された。一方で、大小あらゆるアップダウンを利用しての攻撃も考えられ、どのチームにとっても気の抜けない戦いが待ち受けた。

椿大志はスタート前に精神を集中させる

一団となって進むプロトン

午前 8 時のパレードスタート、その後のアクチュアル(正式)スタートで出発したプロトン。KINAN 勢は中島や山本、椿が逃げを狙って動く。それが決まったのは、0km 地点を過ぎて 20 分ほど経ったあたり。中島を含む複数人の逃げが決まった。その後数人が合流し、11 人のエスケープグループに。KINAN からは中島 1 人だが、複数の選手を乗せたチームもあり、それぞれの思惑が働く。それでも、KINAN としては前方にメンバーを送り出したことにより、総合上位につけるジャイとトマを温存させることができる。同時に、個人総合首位のダニエル・ホワイトハウス選手(イギリス)擁する、トレンガヌサイクリングチームにレースのコントロール役を任せられる形を作った。

快調にリードを広げる逃げグループ。中島は、54.50km 地点に設けられた 1 回目のスプリントポイントこそ上位を他選手に譲ったが、102.00km 地点に設定された 2 回目のスプリントポイントでは 3 位通過。フィニッシュまで 50km を残した時点で 6 分のリードとなり、メイン集団もトレンガヌの牽引が長く、他チームが同調しないことから、逃げ切りも考えられるレース展開となった。

このステージの山場は、残り 60km を切ったところから始まる丘越え。山岳カテゴリーこそ設けられていないが、ルートマップには記されない程度のアップダウンが繰り返し訪れる。この中ほどでアタックしたのはトマ。これをきっかけに 1 人、また 1 人と合流する。 その人数は 11 人に。中島らの先頭集団でもステージ優勝を意識したアタックが起きてはいたものの、決定打は生まれず。残り 15km を切ろうかというタイミングで、トマたちが先頭集団に追いついた。

メイン集団では、リーダージャージの防衛をかけてホワイトハウス選手が自ら牽引する。 利害が一致する他チームも加わる場面もあったが、前方に迫るまでには至らない。

隊列を組んで進む KINAN Cycling Team のメンバー

小集団スプリントを制したフェルナンド・グリハルバ選手(右から 2 人目)

ステージ争いは、トップに生き残った 12 人の勝負に。最後はスプリントとなり、フェルナンド・グリハルバ選手(スペイン、クウェート・カルトゥーチョ.es)が優勝。集団の位置取りを整えて最終局面に臨んだトマが 6 位、中島が 12 位。チーム内総合最上位のジャイは 1 分 27 秒差でフィニッシュした。

この結果、ホワイトハウス選手がリーダージャージこそ守ったものの、遅れてフィニッシュしたため総合 2 位に浮上したグリハルバ選手が 23 秒差に迫っている。KINAN 勢は、トマが 37 秒差の総合 6 位、ジャイが 2 分 0 秒差の同 9 位につけている。

開催地各地の歓迎ムードに染まる大会も、21 日が最終日。ダエトからルセナまでの 207.35km は、今大会の最長ステージ。中盤に 2 カ所のスプリントポイントがあり、170km を過ぎたところで 2 級山岳がそびえる難コース。フィニッシュ直前にも上りがあり、最後は下り基調でのフィニッシュ。総合争いに大きな動きが起こることも考えられ、どのチームもしっかりとした戦術を立てて臨むことだろう。ジャイとトマの個人総合で UCI ポイント圏内に位置する KINAN Cycling Team にとっても、充実するシーズン初戦をよい形で終わらせたいところだ。

ツール・ド・フィリピン第 3 ステージ(177.35km)結果

1 フェルナンド・グリハルバ(スペイン、クウェート・カルトゥーチョ.es) 4 時間 34 分 3 秒
2 ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、アタッキ・チームグスト) +0 秒
3 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
4 パク・サンホン(韓国、LX サイクリングチーム)
5 ペ・ドンヒョン(韓国、LX サイクリングチーム)
6 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
12 中島康晴(KINAN Cycling Team)
27 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +1 分 27 秒
49 山本元喜(KINAN Cycling Team) +1 分 34 秒
50 椿大志(KINAN Cycling Team) +1 分 34 秒

個人総合時間賞
1 ダニエル・ホワイトハウス(イギリス、トレンガヌサイクリングチーム)12 時間 30 分 54 秒
2 フェルナンド・グリハルバ(スペイン、クウェート・カルトゥーチョ.es) +23 秒
3 ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、アタッキ・チームグスト) +24 秒
4 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) +27 秒
5 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、チーム UKYO) +37 秒
6 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +37 秒
9 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +2 分 0 秒
13 中島康晴(KINAN Cycling Team) +7 分 57 秒
41 椿大志(KINAN Cycling Team) +34 分 9 秒
43 山本元喜(KINAN Cycling Team) +36 分 58 秒

ヤングライダー賞
1 ダニエル・ホワイトハウス(イギリス、トレンガヌサイクリングチーム)12 時間 30 分 54 秒
チーム総合時間賞
1チームUKYO 37時間35分6秒
2 KINAN Cycling Team +7 分 15 秒

ポイント賞
1 フェルナンド・グリハルバ(スペイン、クウェート・カルトゥーチョ.es) 15pts
8 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) 6pts
13 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 2pts
15 中島康晴(KINAN Cycling Team) 1pt

山岳賞
1 ダニエル・ホワイトハウス(イギリス、トレンガヌサイクリングチーム) 15pts
3 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) 12pts
8 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 3pts

RANKING

page top