NEWS

【KINAN Cycling Team】ついに、トマ・ルバが総合首位浮上!

リーダージャージに袖を通すトマ・ルバ、今後は首位キープが課題に

KINAN Cycling Teamが出場しているツール・ド・フローレスは7月17日、第4ステージを行った。個人総合 3 位につけていたトマ・ルバが中盤の 2 級山岳でメイン集団からアタック。レース前半に形成された逃げグループで走っていた中西健児のアシストを受けつつ、終盤は単独で先行していた選手たちを猛追。3 選手の先着こそ許したものの、4 位 でフィニッシュ。前日までの総合上位 2 選手が大きく遅れたこともあり、このステージを 終えて個人総合首位に立った。
フローレス島での戦いは後半戦に突入。この日はナゲケオからボロンまでの 170.9km。 今大会の最長ステージであると同時に、序盤・中盤・終盤とそれぞれ控えるカテゴリー山岳が選手たちをふるいにかけることが予想された。

阿曽圭佑は 2 日連続の山岳賞ジャージでの出走

出走サインをするトマ・ルバ

スタート前は他チームの選手やスタッフと情報交換の場でもある

KINAN Cycling Team は第 3 ステージまでを終えて、トマが個人総合 3 位。ジャイ・ クロフォードが同 5 位、山本元喜が同 7 位につける。また、チーム総合で首位に立つほか、 阿曽圭佑が山岳賞でトップになっており、ここまで順当にチーム力を発揮。迎える第 4 ステージは、総合上位につける 3 選手の順位アップを重視。阿曽と中西がレース後半のアシストに備えて、逃げグループに入っての「前待ち」ができるかがポイントとなった。

スタートを前に気持ちを高める山本元喜と中西健児

序列を示すステッカーをチームカーに貼り付ける石田哲也監督

選手たちがスタート前、レース中、レース後と必ず補給する「アスリチューン」

そして、その狙い通りにレースは進む。しばらくは出入りの激しい状況が続いたが、スタートから約 20km 進んだところで形成された逃げグループに中西が加わった。ここで中西に課されたミッションは、阿曽の山岳賞キープを狙ってライバルに高ポイントを譲らないことと、レース後半で総合上位につける 3 選手またはいずれかが後方から合流した際のアシスト。そのため、基本的には先頭交代のローテーションには入らず、重要な局面を押さえることに徹した。
メイン集団は、中西らの逃げグループとの差を約 8 分まで容認したが、その後は阿曽を中心にペースアップ。リーダージャージを着用するニック・ミラー選手(ニュージーラン ド、フテュロプロサイクリング)がアシストを失ったことで、自らアタックするシーンも 見られ、少しずつ逃げグループとの差は縮まっていく。そうした中でアタックを成功させ たのがトマ。もう 1 選手ともに、中西らのグループを目指して追走を開始した。
後方の状況を知り、意図的に逃げグループから遅れた中西に、トマが合流したのは 2 級 山岳頂上を越えてからの下り。そこからは中西が主に牽引する形で、3 人が先を急いだ。 この日最後の山岳に入る頃にはミラー選手とは 3 分以上の開きとなっていたが、さらにリ ードを得るべく中西とトマは攻めの姿勢を貫く。その後の下りで中西が落車してしまうが、 以降はトマが自らペースを上げてフィニッシュまでの約 20km を力走。
しばし協調していた選手を引き離し終盤を独走したトマ。逃げでレースを展開した 3 選手の先着こそ許したが、トップから 56 秒差でフィニッシュラインを通過した。

トマを送り出したメイン集団では、山本がパンクで一時後方へと下がるが、車輪を換えて集団へと復帰。その後ジャイと山本が前を目指して飛び出す。やがてジャイは後方へと下がったものの、山本は他選手とともに順位を上げていき、8 位でステージを終えた。
これらを受けて、個人総合でトマが首位に浮上。チームとして虎視眈々と狙ってきたリーダージャージだったが、大会 4 日目にしていよいよ手に入れることとなった。2 位とは 4 分 59 秒差としている。また、ステージ上位をしっかりと確保し続けている山本も、個人総合で 6 位につける。阿曽の山岳賞こそ手放す形となったが、チーム総合ではトップをキープしており、この先の戦いに向けて視界は良好だ。

個人総合で首位に立ったトマ・ルバは関係者と記念撮影

ポディウムでリーダージャージに袖を通したトマ・ルバ

ジャージに袖を通した 4 選手が記念撮影

ツール・ド・フローレス第 4 ステージ(170.9km)結果

1 エドガー・ノハレス(スペイン、セブンイレブン・ロードバイクフィリピンズ) 4 時間 47分29秒
2 ダニエル・ホワイトハウス(イギリス、CCN サイクリングチーム) +0 秒
3 サミュエル・ヴォルカーズ(オーストラリア、CCN サイクリングチーム) +53 秒
4 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +56 秒
5 チュー・ホサン(香港、HKSI プロサイクリングチーム) +1 分 5 秒
6 アルヴィン・モアゼミ(イラン、ピシュガマンサイクリングチーム) +2 分 9 秒
8 山本元喜(KINAN Cycling Team) +6 分 51 秒
28 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +13 分 18 秒
32 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +13 分 45 秒
38 中西健児(KINAN Cycling Team) +15 分 58 秒
●個人総合時間賞
1 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 14 時間 30 分 26 秒
2 アルヴィン・モアゼミ(イラン、ピシュガマンサイクリングチーム) +4 分 59 秒
3 ムハンマイマム・アルフィン(インドネシア、KFC サイクリングチーム) +6 分 36 秒
4 マルセロ・フェリペ(フィリピン、セブンイレブン・ロードバイクフィリピンズ) +8 分7秒
5 ニック・ミラー(ニュージーランド、フテュロプロサイクリング) +9 分 1 秒
6 山本元喜(KINAN Cycling Team) +10 分 17 秒
11 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +14 分 1 秒
29 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +29 分 29 秒
32 中西健児(KINAN Cycling Team) +32 分 37 秒
●スプリント賞
1 チョ・ヒョンミン(韓国、グムサンインサム・チェロ) 13pts
4 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) 6pts
●山岳賞
1 エドガー・ノハレス(スペイン、セブンイレブン・ロードバイクフィリピンズ) 20pts
2 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) 18pts
5 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 10pts
15 中西健児(KINAN Cycling Team) 2pts
●チーム総合時間賞
1 KINAN Cycling Team 43時間55分13秒
■選手コメント
阿曽圭佑
「前半は脚が回らない感覚だったが、次第によくなってきて、集団の人数が絞られていく 中でも走ることができていたので、調子はそう悪くないと思う。
山岳賞ジャージは失ったが、チームとして何を目指しているのかを考えて、目的を絞っていかないといけない。明日以降はリーダーチームとしての仕事に力を注いでいきたい」
中西健児
「スタート直後の上り区間やダート区間で集団に激しい動きがあって、その後ペースが落ち着いたところでアタックに反応してみたら逃げに入ることができた。それからはローテーションには加わらず、後ろに控える選手たちが動くときに備えていた。
トマがアタックしたという情報が入った段階で、逃げグループからは離れてトマの合流を待った。トマが合流してからは、4 級山岳の上りまで 3 選手で回ってリードを広げることに努めた。
落車は深いコーナーをオーバースピードで突っ込んでしまったのが原因。少し冷静さを欠いていたかもしれない」
トマ・ルバ
「レース展開としては昨日と似たようなところがあったが、昨日は細かいミスがあったの で、今日はそれがないよう心がけた。その甲斐あって、リーダージャージを手にすることができたと思っている。この大会でチームは強さを発揮できている。しっかり働ければよい結果が舞い込んでくる。毎日それぞれの役割を果たしているから、明日からもこの強いチームでジャージを守り続けたい」

 

 
text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

page top