NEWS

2018/1/28 更新

【KINAN Cycling Team】シャールジャ・ツアー第3ステージでトマ・ルバが 2位

個人総合2位へとジャンプアップ!残り1ステージへ

中東・UAE で開催中のシャールジャ・ツアー(Sharjah Tour、UCI アジアツアー 2.1) は 1 月 26 日、116.70km による第 3 ステージが行われた。この大会唯一の山岳ステージ で、KINAN Cycling Team はトマ・ルバが 2 位でフィニッシュ。個人総合順位でも 2 位 と一気にジャンプアップさせ、最終の第 4 ステージを迎えることとなった。
KINAN Cycling Team にとって 2018 年シーズンの初戦であるシャールジャ・ツアー は、後半戦へ突入。個人タイムトライアルで争われた第 1 ステージ、スプリント勝負とな った第 2 ステージに続き、今大会唯一の山岳ステージが第 3 ステージに用意された。 116.70km とレース距離は短いながらも、1 級から 3 級まで 4 つのカテゴリー山岳が設定 される。特に終盤に 2 級、1 級と立て続けにやってくる難所が勝負を左右すると予想された。さらに、第 2 ステージまでを終えて個人総合成績が僅差であることも関係し、このステージで発生したタイム差がそのままリーダージャージ争いに反映される可能性が高いと見られた。
KINAN Cycling Teamは、第2ステージまでを終えてトマ・ルバの個人総合30位が最上位。ジャイ・クロフォードが同 40 位と続く。クライマーの 2 人にとっては、第 3 ステージが実力を発揮する最高の舞台。総合上位陣とのタイム差の短縮と順位のジャンプアップをかけてレースに臨む。アシスト陣には、トマとジャイを集団内の好位置から山岳区間に入っていけるようケアすることが求められた。

レース開始が午後のため、スタート近くのプールで昼食タイムが設けられた

リラックスしてスタート前の時間を過ごす選手たち

スタートに向けて準備するジャイ・クロフォード

同国東海岸、隣国オマーンとの国境地域を走るレースは、椿大志がスタートアタックに成功。8 人による逃げグループ形成のきっかけを作った。メイン集団は椿らの動きを容認し、早々にペースをコントロール。椿たちは 4 分以上のリードを得て、レースを先導し続けた。椿は途中の山岳ポイントや中間スプリントポイントは狙わず、安定した逃げのペースに努めた。

だが後半に入ると、この大会の最重要ステージを狙うチームが次々と集団前方に位置し、 ペースアップを図る。好ペースを刻み続けた椿たちの逃げだったが、残り約 20km までに全選手吸収。最後の最後まで椿は粘ったものの、集団へと引き戻された。
そして、この日のポイントとされた終盤の山岳区間でレースが大きく動いた。まず 2 級山岳で人数が一気に絞られ、頂上までに 8 人となる。KINAN 勢は、アシスト陣の好ポジショニングもあり、トマを先頭集団へと送り込むことに成功。さらに、頂上を経てからの ダウンヒルでジャイが合流。そこからは、ジャイが先頭集団の牽引に加わり、後続との差を引き離した。

スタートアタックで逃げを決めた椿大志

集団内を走るトマ・ルバ

続く 1 級山岳でついにトマが仕掛けた。中腹過ぎに自らアタックし、先頭を 4 人に絞り 込む。ここでジャイが役目を終え、最終局面はトマ自身で勝負する形とした。
1 級山岳頂上からフィニッシュまでの下りでは決定打は生まれず、ステージ優勝争いはそのまま 4 人の勝負に。上り基調でのスプリントとなった最後で、トマはトップこそ譲ったもののフィニッシュ目前で猛追しての 2 位。UCI プロコンチネンタルチームなど強豪ひしめく UCI1 クラスのレースでトマはもちろん、チームとしても存在感を示してみせた。

シャールジャ・ツアーのクイーンステージ、第 3 ステージで 2 位となったトマ・ルバ(左)。 終盤の山岳区間での積極策が奏功した/Mathilde L'Azou

また、山岳で絶妙なアシストを見せたジャイが 7 位に入ったほか、逃げで魅せた椿、山岳区間までのフォローを果たした山本元喜、雨乞竜己、中島康晴もトラブルなくフィニッシュ。出場 6 選手全員で最終ステージへと進出することが確定した。
これらの結果から、快走したトマは個人総合順位を 2 位へとジャンプアップ。トップとの差は 23 秒、3 位の選手との差は 12 秒となっている。また、ジャイも 12 位と上昇させている。
4 日間で争われる大会は、いよいよ最終ステージへ。27 日に行われる第 4 ステージは、 シャールジャ市内に設けられる周回コースを 10 周する 99.10km。オールフラットなうえ、 レース距離も短いことからスピード感満載の戦いとなりそうだ。KINAN Cycling Team はスプリントに備えて、第 2 ステージ 7 位の雨乞、同 9 位の中島を軸にチームオーダーを 組むことになる。そして、トマの個人総合順位を賭けたレースにもなる。シーズン開幕戦を最高の形で締めくくるべく、ハイレベルのバトルに最後までトライする。

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

シャールジャ・ツアー第 3 ステージ結果(116.70km)

1 サリム・キプケンボイ(ケニア、バイクエイド) 2 時間 59 分 52 秒
2 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +0 秒
3 ハビエル・モレノ(スペイン、デルコ・マルセイユプロヴァンス・カテエム)

 

個人総合時間
1 ハビエル・モレノ(スペイン、デルコ・マルセイユプロヴァンス・カテエム) 6 時間 45 分27秒
2 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +23 秒
3 ニコライ・ミハイロフ(ブルガリア、デルコ・マルセイユプロヴァンス・カテエム) +35 秒

 

 

トマ・ルバのコメント
「素晴らしいレースができた。(第 1 ステージの)個人タイムトライアルは自分なりに満足できる走りだったし、昨日(第 2 ステージ)もよい感触だった。そして今日の上りも非常に調子よく走ることができた。山岳の入口ではチームメートがしっかりポジションを確保してくれて、あとは自分が結果で応えるだけだった。スプリントでは負けてしまったけ ど、レース内容には満足している。
この走りは、冬場によいトレーニングができた成果だと感じている。ただ、シーズン初戦 だけに 100 パーセントの走りができるとは思っていなかったし、今回はテスト的な意味合 いもあったけれど、明日を走り終えれば今シーズンの長い戦いにもつながることだろう。
明日(第 4 ステージ)は雨乞で勝負する。第 2 ステージの彼は本当に強かった。みんなで一丸となって、何とか彼をポディウムに立たせてあげたい。個人的にもクラッシュなどトラブルなく走り切りたい」

 

 

KINAN Cycling Team
https://kinan-cycling.com

RANKING

page top