NEWS

2018/3/16 更新

伝統ある291kmのワンディレース「ミラノ〜サンレモ」に初山翔が初出場!

世界最高峰クラシックレース、初山の出場決定

イタリアでのUCIワールドツアー三連戦の最終戦となるのは、3月17日開催、“ラ・プリマベーラ(春)”の愛称で親しまれるワンディレース「ミラノ〜サンレモ」です。ミラノ〜サンレモはその名前の通り、イタリア最大の都市ミラノから、フランス国境にも近い観光地サンレモまで、291kmの距離を駆け抜けます。走行距離291kmは現存するワンディレースでは世界最長距離となっており、レース時間は7時間を越えます。

また、本大会の初開催は1907年。イタリアにおいて、1906年初開催の秋のクラシックレース「イル・ロンバルディア」に次ぐ2番目に古いレースで、“モニュメント”と呼ばれる世界五大クラシックレースの最初の一戦になります。

序盤は平坦が続き、内陸部から海沿いへ出るさいにトゥルキーノ峠を越えます。海岸線を出てからは、終盤に連続する登坂区間の勝負どころに向けて集団はペースアップしていき、例年、勝負を大きく左右するのは、フィニッシュまで21.5kmのチプレッサ、5.4kmのポッジオの登りとなります。少人数でのゴールスプリントの展開になることも多く、300km近い距離を走行し、最後の登坂区間やスプリントで勝負する脚をどれだけ残しておけるかがカギです。

 

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、シーズン最初の目標をミラノ〜サンレモに設定しているマルコ・カノラがエースを務めます。昨年の同大会をカノラは20位で終えており、今年はこれを上回る結果を狙います。

日本人選手はティレーノ〜アドリアティコに引き続いて初山翔が参戦。中三日での参戦となりますが、大会前は回復に専念し、当日は世界最高峰の格式ある大会に出場できるチャンスを活かして、チームのために走るとともに、今後に繋げる多くの経験を積んでいきます。またチームは初山だけでなく、マルコ・ティッツァ、ダミアーノ・チーマがミラノ〜サンレモ初出場となります。

 

 

<出場選手>
初山翔
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
シモーネ・ポンツィ(イタリア)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
監督: マリオ・マンゾーニ

 

▼初山翔のコメント
世界で一番美しいとされるミラノ〜サンレモに出走することができて、とても光栄に嬉しく思う。世界最長距離の300kmを一漕ぎ一漕ぎ、噛みしめるように走りたい。

 

▼マリオ・マンゾーニ監督のコメント
春のクラシックレースでチームのエースを務めるのは間違いなくマルコ・カノラ。ティレーノ〜アドリアティコで示したとおり、とてもいいコンディションに仕上がっていて、良い結果が期待できるだろう。他のメンバーたちは、最後のポッジオの登りを前に、できるかぎりカノラを良いポジションに連れていくことが仕事になる。初山もティレーノでは良いステージがあったので、彼の頑張りにも期待したい。

<レース情報>
Milano – Sanremo
開催期間/2018年3月17日(土曜日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/イタリア

公式サイト http://www.milanosanremo.it/it/
フェイスブック https://www.facebook.com/misanremo/
ツイッター https://twitter.com/Milano_Sanremo
ハッシュタグ #MSR

※日本国内では DAZN にてライブ放映あり

 
■今後のレーススケジュール(予定)
3月17日 Milano-Sanremo イタリア 1.ワールドツアー
3月21日 Driedaagse De Panne-Koksijde ベルギー ヨーロッパツアー1.HC
3月22日〜25日 Settimana Internazionale Coppi e Bartali イタリア ヨーロッパツアー2.1
3月31日 Volta Limburg Classic オランダ ヨーロッパツアー1.1
4月15日 Amstel Gold Race オランダ 1.ワールドツアー

 
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ
http://teamnippo.jp

RANKING

page top