NEWS

2018/3/18 更新

「ミラノ~サンレモ」初参戦の初山翔がエスケープ!

初山翔が世界最高峰レースでエスケープに成功

3月17日(土曜日)に開催された第109回目のミラノ〜サンレモ(UCIワールドツアー)は、生憎の冷たい雨に見舞われましたが、ミラノのスフォルツェスコ城前から、18のUCIプロチームに加え、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニを含むワイルドカードを獲得した7つのプロコンチネンタルチームの合計174名の選手が291km先のサンレモを目指してスタートを切りました。

スタート直後に初山翔を含む9名の先頭集団が形成されました。9名の内訳はイスラエルサイクリングアカデミーとバルディアーニCSFが2選手ずつ、ウィリエールトリエスティーナ、ノボノルディスク、ガスプロム・ルスヴェロのプロコンチネンタルチーム、そしてUCIプロチームのUAEチームエミレーツから各1選手が先頭集団に入りました。

先頭集団は最大で7分近いタイム差を奪いましたが、中盤に組み込まれる標高532mのトゥルキーノ峠にてメイン集団がペースアップし、タイム差が1分半ほどに縮まります。しかしその後、海沿いの平坦区間に出るとタイム差は再び広がり始め、一時は5分強まで広がりました。

メイン集団をコントロールするのは、チームスカイ、ボーラ・ハンスグローエ、クイックステップフロアーズら。またサンレモに近づくにつれて、天候も回復し太陽と青い海が姿を現しました。そしてタイム差は徐々に減っていき、起伏が始まる残り50km地点では2分ほどに。

残り40km地点の起伏区間カポ・ベルタにて後続集団がペースアップし、先頭も加速。逃げていた9選手のうち初山を含む5選手が脱落し、メイン集団へと戻りました。先頭は4名となり、しばらく先行を続けましたが、その後吸収。メイン集団もペースを上げて残り30km地点のチプレッサを越え、最後の勝負どころ、残り5km地点のポッジオへ向けてペースアップするなか、残り10km地点では優勝経験者であるマーク・カヴェンデッシュ(イギリス、ディメンションデータ)がクラッシュ。

ポッジオでは、いくつものアタックがかかり、そのなかからヴィンツェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)鋭いアタックで先行。得意の下りも利用して単独で集団からリードを奪います。ニーバリを猛追する集団の人数はどんどん減って行きましたが、18名となったメイン集団はニーバリにわずかに届かず、同タイム扱いとなる僅差にて、ニーバリが逃げ切り優勝。そしてイタリアのプロコンチネンタルチームとしては唯一、マルコ・カノラがメイン集団に残り、15位でフィニッシュしました。チームワークも機能し、カノラは昨年の20位から順位を5つあげ、世界のトップ選手相手に大健闘しました。

逃げに乗った初山は後方集団でのフィニッシュとなり、トップから15分3秒差の150位で初出場となるミラノ〜サンレモを走破。また今回の優勝タイムは7時間18分43秒でした。

ミラノ〜サンレモ 結果

1 NIBALI Vincenzo Bahrain Merida Pro Cycling Team 7:18:43
2 EWAN Caleb Mitchelton-Scott
3 DÉMARE Arnaud Groupama – FDJ 325
4 KRISTOFF Alexander UAE-Team Emirates
5 ROELANDTS Jurgen BMC Racing Team
6 SAGAN Peter BORA – hansgrohe
7 MATTHEWS Michael Team Sunweb
8 CORT NIELSEN Magnus Astana Pro Team
9 COLBRELLI Sonny Bahrain Merida Pro Cycling Team
10 STUYVEN Jasper Trek – Segafredo
15 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
80 LOBATO Juan José Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +2:23
81 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
82 TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
96 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +5:52
144 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +11:40
150 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +15:03

 

■初山翔のコメント
チームからの指示は逃げに乗ること。チームにとってもシーズン前半の最大目標レースだったので、スタート前は正直緊張した。求められたレースで逃げに乗ることは容易いことではない。ましては大舞台。だからこそ逃げに乗れたことに正直安堵した。300kmの渡るロングレースで完全なるラインレースにも関わらず、観客が常に途切れずにいたのは驚きだった。TVの視聴率がどのくらいなのかは知らないが、世界中の人々に、自分を、チームを見てもらえたことが嬉しい。なによりチームやチームスポンサーの方々に、自分の走りを喜んでもらえたことに喜びを感じている。できれば、逃げの最後の1人として残りたかったが、全力を尽くした結果であり、時折降る土砂降りの雨による寒さが自分に悪影響を与えた思う。最大の大舞台でいいレースができたとは思うが、まだ3月。この調子で常に前進し続けたい。

■マリオ・マンゾーニ監督のコメント
チームはカノラが一つでも上のリザルトでフィニッシュできるよう(勝利することも夢見ながら)、とても高いモチベーションをもって参戦した。初山かダミアーノ・チーマを逃げに乗せ、最後のポッジオの登りでは、チーム全員がカノラの近くで、彼のために走ることがチームのオーダーだった。初山の走りは完璧なもので、逃げに入り、その後も全力で走りきった。自分が大好きなスタイルだ。カノラも良かったが、最後、あと少しの力があればさらに良かった。しかし彼は今後さらに強くなるだろう。今年はチームにとって良いレースだったが、もしトップ10の結果を残すことができれば、完璧で素晴らしいミラノ〜サンレモになったと思う。あとわずかに届かなかったのが残念だ。

 
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ

HOME

page top