NEWS

2018/3/19 更新

【KINAN Cycling Team】ツール・ド・ランカウイ 8日間の戦いがスタート

第1ステージは5選手がメイン集団でフィニッシュ

マレーシアを舞台に行われるステージレース、ツール・ド・ランカウイ(UCIアジアツアー2.HC)は3月18日にレースがスタート。147.9kmで争われた第1ステージは、トマ・ルバの48位がKINAN Cycling Teamでの最上位。ほか4選手もメイン集団内でフィニッシュしたが、椿大志が途中でリタイア。残るステージは5選手で戦うこととなった。
UCIアジアツアーにおける最高ランク、HCクラスにカテゴライズされるこの大会。ステージ数やレースオーガナイズなど、その大会の規模から「アジア最大のステージレース」とも称される。23回目を迎えた今回は、国際登録における第1カテゴリーのUCIワールドチームが2チーム参戦しているほか、14カ国22チームがスタートラインに並んだ。

日本籍のチームでは唯一の参戦となるKINAN Cycling Teamは、この大会にトマ、椿、山本元喜、中西健児、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラの6人がメンバー入り。本格山岳ステージとなる第5ステージでの総合争いを視野に入れつつ、その他のステージでも逃げや勝負どころでのアタックなど、あらゆるレース展開に対応できる選手をそろえた。
そうして迎えた第1ステージは、カンガーからクリムまで、マラッカ海峡に沿って南下する平坦ルート。スタートから16km、37.2km、70.4kmの3カ所にスプリントポイントが設けられるほか、104.3km地点に今大会最初のカテゴリー山岳となる4級のポイントが設定された。
40度近い気温の中で行われたレースは、序盤に3選手が逃げグループを形成。KINAN勢はこれを見送り、メイン集団でレースを進めた。タイム差は最大で6分30秒近くにまで開いたが、後半に入ってスプリント勝負を意識するチームが集団のペースを上げ、徐々にその差を縮めてゆく。KINAN勢も集団内でのポジションを徐々に上げていき、強力チームと肩を並べるところで走った。

そのさなか、椿が不調を訴え、山岳ポイントを過ぎたあたりから集団から遅れ始める。補給を摂り、集団復帰を試みたがペースを戻すことができなかった。熱中症の症状がでていたこともあり、この先に控えるレースにダメージを残さないよう、大事をとってリタイアを決断することとなった。
集団で走ったKINAN勢5選手は、こまめに水分や補給を摂りながら時間とともに増す暑さに対応。残り10kmを切ったタイミングで複数の選手が絡む落車が発生したが、KINAN勢は間一髪かわし、難を逃れる。スプリント勝負となったステージ優勝争いには加わらず、安全なポジションでのフィニッシュに努め、トップと同タイムで初日のステージを終えた。
チーム内最上位はトマの48位。サルバドールが52位、山本元が57位、マルコスが62位、中西が75位と続いた。なお、途中でバイクを降りた椿も大事には至らず、残るステージにも帯同することになっている。

翌19日の第2ステージは、ゲリク(Gerik)からコタ・バル(Kota Bharu)までの208.3km。前半に4級と1級のカテゴリー山岳を越え、その後は平坦が続く。後半はタイとの国境地域を進み、東シナ海に面した街へとフィニッシュする。
Photo: KINAN Cycling Team

ツール・ド・ランカウイ第1ステージ結果(147.9km)

1 アンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニ・CSF) 3時間29分4秒
2 ソー・ジュンヨン(韓国、KSPO・ビアンキアジアプロサイクリング) +0秒
3 メクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ)
4 マヌエル・ベレッティ(イタリア、アンドローニジョカットリ・シデルメク)
5 リッカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナプロチーム)
6 ルカ・パシオーニ(イタリア、ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア)
48 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
52 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
57 山本元喜(KINAN Cycling Team)
62 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)
75 中西健児(KINAN Cycling Team)
DNF 椿大志(KINAN Cycling Team)

 

●ツール・ド・ランカウイ(Le Tour de Langkawi、UCIアジアツアー2.HC)
第1ステージ カンガー(Kangar)~クリム(Kulim) 147.9km

 

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
椿大志
中西健児
マルコス・ガルシア
サルバドール・グラルディオラ
トマ・ルバ

 

■サルバドール・グアルディオラのコメント
シーズン初戦を迎えられてとてもうれしい。自らのコンディションが未知数な部分もあったが、1ステージ走ってチームのために力を尽くせると実感している。チーム一丸となって好成績を残したい。スペインはまだ冬ということもあり、マレーシアの暑さへの対応は特に重要になっている。好成績を得るためには、この環境に適応しなければいけない。今後のステージへは、どこかで攻撃していきたい。自分のコンディションにあった走りをしながら、最終的にチームに貢献できていれば満足できると思う。

 

KINAN Cycling Team
https://kinan-cycling.com

page top