NEWS

2018/5/17 更新

工学院大学ソーラーチームの車両が「ツアー・オブ・ジャパン」伊豆ステージに登場

工学院大学ソーラーチームの車両「Wing」

工学院大学ソーラーチームの学生たちが製作した車両「Wing」には、NTN株式会社がソーラーカー用に開発した特別仕様のセラミックベアリングを採用」。走行後には、各ステージで開催されるワークショップ「NTN回る学校」で、車両展示や世界大会に参戦した学生たちによるトークセッション、子ども向けにソーラーカーの仕組みを説明するアトラクションなどを行い参加者に“ものづくり”の楽しさを伝えるという。

工学院大学ソーラーチームは、マシンの設計・製作からドライバー、現地キャンプなど、レースのすべてを“学生主体”で行っている。2017年の世界大会は、エントリー27チーム中、完走は12チームいう過酷なレースだったが、チームは力を合わせてオーストラリア大陸3,021kmを完走。クラス7位(日本勢では2位)という成績を収めた。

 

工学院大学ソーラーチーム特設サイト
https://www.kogakuin.ac.jp/solar/

page top