NEWS

2018/6/12 更新

【Team ユキヤ通信 2018 №41】クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ総合106位での完走

この日、最終完走者となった新城をフィニッシュエリアで笑顔で迎えた、チームスタッフたちと。左から、広報、ドクター、新城選手、マッサージャー/Photo Miwa IIJIMA​

8日間での獲得標高が18,825mにも及ぶ過酷な山岳レースに、ツアー・オブ・ジャパンでの落車から、1週間自転車に乗れず怪我から12日目での参戦となり、大きな不安もあったというが、意地の完走となった。

 

 

■新城選手のコメント
「最終日は逃げに乗る為に、ちょっと脚を使い過ぎて、登り始めて直ぐに集団から遅れてしまった。逃げがなかなか決まらなかったこともあるが、登りの速いペースに対応出来ていない。もっと早いペースでの登りの練習しなきゃいけないと感じている。50km過ぎ地点から集団からも取り残されたが、なんとかゴールまでたどり着いたときには、タイムアウトの2分前だった。今年のドーフィネは平坦なステージが一つも無かった。かなりボリュームのある1週間だった。
TOJから怪我はすっかり良くなって、後半に尻上がりに調子が上がって行ったことは再来週からのレースに弾みになる。」

なお、出場を検討していた、6月24日の全日本選手権は、同時期に開催される、イタリアでのヨーロッパツアーのステージレースへの出場が決まっており、チームからの指示により、出場しないこととなった。

 

次の出場予定レースは、下記のとおり。
6月20日~24日 イタリア
Adriatica Ionica Race/Following the Serenissima Routes (2.1)
https://www.adriaticaionicarace.com

 

text&photo:Miwa IIJIMA

RANKING

page top