NEWS

2018/7/23 更新

【JBCFやいた片岡ロードレース】写真判定になるほど僅差のスプリントで鈴木龍が勝利

鈴木龍が僅差のスプリント勝負を制して今季2勝目

Jプロツアー第15戦は、栃木県矢板市での「やいた片岡ロードレース」。前日の大田原クリテリウム同様に今年2回目の開催となる大会は、JR片岡駅の目の前が会場という国内レース随一のロケーションを誇る。今年は駅前ロータリーがコースの一部となり、正真正銘、駅から0分のレース会場が実現した。

 

この日も35度を超える暑さが予想されたため、1周10.7kmのコースを9周で行われる予定だったP1クラスタは8周85.6kmに変更して行われた。

駅前のロータリーには多くの観客が集まった

メイン集団は宇都宮ブリッツェンがコントロール

およそ2kmのパレード走行の後、リアルスタートが切られると、コース後半のアップダウン区間にかけてアタック合戦が始まる。2周目、安原大貴(マトリックスパワータグ)、渡邉歩(EQADS)、小山貴大、中田拓也(シマノレーシング)の4人が先行。メイン集団との差は一気に45秒まで開く。

 

5周目、宇都宮ブリッツェンがコントロールするメイン集団との差が30秒前後まで縮まったところで、数名が飛び出して追走集団を形成。その中から、岡篤志と雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)の2人が逃げ集団に合流する。さらに佐野淳哉(マトリックスパワータグ)や織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)らが続いて合流。その直後メイン集団が逃げを吸収する。

5周目から単独で先行した岡篤志(宇都宮ブリッツェン)

佐野淳哉(マトリックスパワータグ)が集団を牽引して逃げる岡篤志(宇都宮ブリッツェン)を追う

最終周回に入り逃げ続ける岡篤志(宇都宮ブリッツェン)の後ろにメイン集団が迫る

その直後、岡がアタック。30秒差をつけて独走で逃げる。メイン集団はシマノレーシングとマトリックスパワータグが牽引。最終周回の8周目、残り7kmで岡を吸収する。その直後、アイラン・フェルナンデス、(マトリックスパワータグ)、鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)、入部正太朗(シマノレーシング)、西尾勇人(那須ブラーゼン)らを含む9人が先行。最後は写真判定になるほど僅差のスプリント勝負となり、鈴木龍が優勝。先週の第13戦石川サイクルロードレースに続く今季2勝目を挙げた。

最後は鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)、アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、入部正太朗(シマノレーシング)の3人でスプリント勝負

<結果 P1クラスタ 85.6km>
1位 鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン) 2時間1分30秒
2位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) +0秒
3位 入部正太朗(シマノレーシング) +0秒
4位 西尾勇人(那須ブラーゼン) +0秒
5位 米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team) +1秒
6位 木村圭佑(シマノレーシング) +5秒

 

Jプロツアーリーダー 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)
U23リーダー 織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)

P1クラスタ 表彰式

ピュアホワイトジャージを守った織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)

Jフェミニンツアー(JFT)

4周42.8kmで行われたFクラスタは、2周目に唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、樫木祥子(AVENTURA AIKOH VICTORIA RACING)、下山美寿々(CORRIDORE BIORACER)の3人が先行。その後唐見が独走に持ち込み、2位以下に大差をつけて優勝した。

下山美寿々(CORRIDORE BIORACER)を先頭に行く先頭集団

唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が優勝

<結果 Fクラスタ 42.8km>
1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) 1時間12分12秒
2位 下山美寿々(CORRIDORE BIORACER) +1分42秒
3位 大堀博美(YOKOSUKA UNO RACING)  +2分23秒

Jフェミニンリーダー 伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)

Jエリートツアー(JET)

5周53.5kmで行われたE1クラスタは、アタックと吸収が繰り返されてレースの進行と共に集団の人数が減っていく展開。最後はスプリント勝負となり、武井裕(アーティファクトレーシングチーム)が優勝した。

最終周回までに人数が絞られる

武井裕(アーティファクトレーシングチーム)が優勝

<結果 E1クラスタ 53.5km>
1位 武井 裕(アーティファクトレーシングチーム) 1時間18分42秒
2位 井出道康(ネクストリーム・うどん虹や) +0秒
3位 紺野元汰(SBC Vertex Racing Team) +0秒
4位 鳥倉 必勝(SBC Vertex Racing Team) +0秒
5位 藤田涼平(サイタマサイクルプロジェクト) +0秒
6位 雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド) +0秒

Jエリートツアーリーダー 石井祥平(アーティファクトレーシングチーム)

 

 

Jプロツアー第15戦
第2回JBCFやいた片岡ロードレース
日付 2018年7月22日
開催地・コース 栃木県矢板市石関周辺特設コース(10.7km/1周)
距離 85.6km(P1)、42.8km(F)、53.5km(E1)、42.8km(E2)、32.1km(E3)
文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟
http://www.jbcf.or.jp/

RANKING

    • ついにジャイアントがE-BIKEを発表! 気になるそのモデルと乗り心地は?

      ついにジャイアントがE-BIKEを発表! 気になるそのモデルと乗り心地は?

      2018.10.16更新

      続きをよむ

    • 【ディスクブレーキ ロードバイク】PINARELLOピナレロ/ドグマF10ディスク

      【ディスクブレーキ ロードバイク】PINARELLOピナレロ/ドグマF10ディスク

      2018.10.17更新

      続きをよむ

    • 茨城県つくば市で「第53回全国都道府県対抗自転車競技大会」を開催

      茨城県つくば市で「第53回全国都道府県対抗自転車競技大会」を開催

      2018.10.15更新

      続きをよむ

    • 日向涼子もゲストライダーとして参加!B.B.BASEバス「ビワイチサイクルツアー」

      日向涼子もゲストライダーとして参加!B.B.BASEバス「ビワイチサイクルツアー」

      2018.10.10更新

      続きをよむ

    • ビワイチサイクルツアー参加者に特製「B.B.BASEバスサコッシュ」をプレゼント

      ビワイチサイクルツアー参加者に特製「B.B.BASEバスサコッシュ」をプレゼント

      2018.10.12更新

      続きをよむ

    • フィットネスにもオススメ!ジャイアント新型スポーツE-バイク「ESCAPE RX-E+」発売

      フィットネスにもオススメ!ジャイアント新型スポーツE-バイク「ESCAPE RX-E+」発売

      2018.10.16更新

      続きをよむ

    • 「弱虫ペダル STARLIGHT CROSS in CYCLE MODE」11月10・11日に開催決定

      「弱虫ペダル STARLIGHT CROSS in CYCLE MODE」11月10・11日に開催決定

      2018.10.11更新

      続きをよむ

    • B.B.BASEがバスになった!東京発のビワイチ貸切バスツアー

      B.B.BASEがバスになった!東京発のビワイチ貸切バスツアー

      2018.09.19更新

      続きをよむ

    • 「BOLIDE」をブラッシュアップ!ピナレロから最速のTTマシン2種登場

      「BOLIDE」をブラッシュアップ!ピナレロから最速のTTマシン2種登場

      2018.10.12更新

      続きをよむ

    • さいたまクリテリウムでコンタドールコラボグッズの販売が決定!

      さいたまクリテリウムでコンタドールコラボグッズの販売が決定!

      2018.10.12更新

      続きをよむ

page top