NEWS

2018/8/23 更新

【第18回アジア競技大会】男子個人ロードで別府史之が銀メダル

素晴らしいチームワークが良い結果に繋がった

ジャカルタ・アジア大会第6日目(23日)自転車・男子ロードレースで別府史之(TREK-SEGAFREDO)が銀メダルを獲得。走行タイムは優勝タイムと同じ3時間25分25秒。中根英登(NIPPO – Vini Fantini – Europa Ovini)は5位。男子ロードレースはスバンからカガクまでの145・5キロで開催され、最後は3選手によるゴールスプリントとなった。別府は明日・24日に開催される個人タイムトライアルにも出場する。

©2018 JCF

©2018 JCF

■別府史之のコメント
ラスト5kmは平坦基調なのでスプリントで狙ったほうがいいと考え、登り区間で中根選手にアシストしてもらい、最後は万全の体制でスプリントに挑んだが、あと少しの差で勝つことができなかった。金メダルを狙っていたので悔しさはあるが、銀メダルという結果を残すことが良かったと思う。素晴らしいチームワークが良い結果に繋がった。

©2018 JCF

■結果 (日本選手成績)
自転車競技ロードレース 男子個人ロードレース
2位 別府史之/日本 トレック・セガフレード
5位 中根英登/日本 NIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ

results

JCFホームページ
http://jcf.or.jp

 

JCF Twitter (速報配信中)
https://twitter.com/JCF_cycling

page top