NEWS

2018/9/19 更新

山本大喜がロード世界選手権大会日本代表に選出

オーストリア・インスブルックの山岳コースで上位進出を目指す

山本大喜は今シーズン、2月に開催されたロードアジア選手権において、チームタイムトライアルとアンダー23(23歳未満)ロードレースで2冠を達成。6月には全日本自転車競技大会個人タイムトライアルでアンダー23部門で優勝。同年代のトップとして、国内外の数々のレースに臨んできました。

ロード世界選手権大会では、24日に行われるアンダー23個人タイムトライアル(27.8km)と、28日に実施される同ロードレース(174.3km)の2種目への出場が予定されています。

ロード世界選手権大会は、その名の通りサイクルロードレースの世界王者を決める権威ある大会です。世界のトップを走る選手たちの多くが、このアンダー23カテゴリーからトップシーンへと羽ばたいており、この年代での活躍が世界への扉を開くこととなります。山岳がメインとなるオーストリア・インスブルックのコースですが、山本大喜は上位進出を目指して走ります。

なお、この大会への派遣期間は、日本自転車競技連盟により9月20日~10月3日と発表されています。

 

▼山本大喜/Masaki YAMAMOTO
やまもとまさき
Puncheur|1996.1.8|171cm, 68kg
https://ameblo.jp/masaki199618/

「世界選手権に向けて、順調に仕上がってきています! 全力でがんばりますので、応援よろしくお願いします!」

KINAN Cycling Team
http://kinan-cycling.com/

RANKING

page top