NEWS

2019/1/13 更新

【アジア自転車競技選手権大会】橋本英也や梶原悠未がそれぞれ連覇で金メダル

【1月11日】橋本英也が3度目のアジア選手権優勝を連覇で飾る

1月11日、アジア選手権トラック競技2日目は男子オムニアム、女子スプリントなどが行われた。
男子オムニアムはアジア大会で連覇を果たした橋本英也が出場。ワールドツアーチームに所属するミルザアルハマディ(アラブ首長国連邦)やザカロフ(カザフスタン)といった強豪相手に1種目めのスクラッチこそ5位と出遅れたものの、以降の競技で順調に得点を重ね優勝。3度目のアジア選手権優勝を連覇で飾った。
女子スプリントは小林優香と太田りゆが出場するも共に1/4決勝で敗退。
パラサイクリングではB男子個人パーシュートで木村・倉林ペアが得意の中距離種目で金メダルを獲得した。

■橋本英也のコメント
後半は自分らしいレースができた。ポイントレースでは接戦になったが最後に自信があったので、うまくレースを組み立てられた。
1回勝つのと繰り返すのは全然違うので、3回目の優勝は自信になる。来週のワールドカップではプレッシャーをプレジャーに、一桁順位から狙えたらメダルを取りたい。

 

<レース結果>
男子オムニアム
1 橋本英也(日本)125点
2 ユースフ・ミルザアルハマディ(アラブ首長国連邦)121点
3 シン・ドンギン(韓国)120点
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_0342f19faf244a2e80bb68c4bf53168e.pdf

 

女子スプリント
5 小林優香(日本)
8 太田りゆ(日本)
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_b8ca08f221b746c49bf354ef46ad05ca.pdf

 

男子ジュニア1kmタイムトライアル
2 市田龍生都(日本)1分5秒765
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_5ec447a2b53c48ba880312e6c7ad9956.pdf

 

女子ジュニアスプリント
3 飯田風音(日本)
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_3a9435a5bdf14f76b51abde6517b87dd.pdf

 

女子ジュニア個人パーシュート
5 内野艶和(日本)2分40秒201…予選タイム
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_b82c2b17d42043dd986087e4ade70497.pdf

 

パラサイクリングB男子4km個人パーシュート
1 日本(木村和平・倉林巧和)

 

*その他種目結果
https://atresults.wixsite.com/attiming/acct2019?fbclid=IwAR3mqFcSKPVwnGbTAwye3rfLZAHb0OazQEGyA9jNZXsx-_ONpUw6JO3K5xo

【1月12日】女子オムニアムは3連覇がかかる梶原悠未が見事優勝

1月12日、アジア選手権トラック競技4日目は男子スプリント、女子オムニアムなどが行われた。
女子オムニアムは3連覇がかかる梶原悠未が出場。日本のみならずアジアでも連覇を続ける梶原だが、ロンドン五輪・ロードレースの銅メダリストであるザベリンスカヤ(ウズベキスタン)が今大会に参戦し強力なライバルとなった。
レースでは、梶原がすべての種目を安定して上位を獲得し、首位で最終種目のポイントレースへ。ポイントレースでも常に10点程度の差をキープし、そのまま優勝。オムニアムでは2017年から3連覇となった。
男子スプリントは渡邉一成、新田祐大、深谷知広の3名が出場。全員がベスト8まで勝ち進むも渡邉の4位が最高。
パラサイクリングではC1-3男子1kmタイムトライアルで川本翔大が今大会2つ目の金メダルを獲得した。

■梶原悠未のコメント
すっごく嬉しい気持ちでいっぱい。2年連続で勝っていて、オリンピックのポイントもあり絶対に落とせない大会。目標を達成できほっとしている。
プレッシャーというより緊張はったが、スタートしたら自分の走りをするだけ。集中して強い気持ちを持って走ることができた。
次のワールドカップでも全力をを尽くし表彰台に立ちたい。

 

<レース結果>
男子スプリント
1 アジズルハスニ・アワン(マレーシア)
4 渡邉一成(日本)
6 新田祐大(日本)
7 深谷知広(日本)
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_de9e9843df7144d08f9590faeaa90216.pdf

 

男子ポイントレース
6 窪木一茂(日本)52点
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_cdec03473be142b9a872508f84fa5b98.pdf

 

女子オムニアム
1 梶原悠未(日本)130点
2 ファン・ティンイン(チャイニーズタイペイ)119点
3 オルガ・ザベリンスカヤ(ウズベキスタン)119点
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_d64c1d7694b94236a50ef07403462c25.pdf

 

男子ジュニアスプリント
8 市田龍生都(日本)
※決勝結果未掲載

 

男子ジュニアポイントレース
4 生野優翔(日本)8点
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_db3e56c1d974443a93ecc858dd8d99dd.pdf

 

男子ジュニア個人パーシュート
4 四宮寛人(日本)3分33秒291
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_b4a30a146f904a008d9fa3ee27e89255.pdf

 

女子ジュニアスクラッチ
2 内野艶和(日本)
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_cb6c00f2e6d5413c9e8f12bbf4606f7d.pdf

 

パラサイクリングC1-3男子1kmタイムトライアル
1 川本翔大(日本) 1分11秒326(係数補正値)
パラサイクリングB男子1kmタイムトライアル
3 日本(木村和平・倉林巧和)1分06秒064
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_1c54d593bb5740b59b6f23891803a7b5.pdf
※川本…40頁、木村・倉林…20頁

 

*その他種目結果
https://atresults.wixsite.com/attiming/acct2019?fbclid=IwAR3mqFcSKPVwnGbTAwye3rfLZAHb0OazQEGyA9jNZXsx-_ONpUw6JO3K5xo

 

 

 

提供・日本自転車競技連盟

 

JCFホームページ
http://jcf.or.jp

RANKING

page top