NEWS

2019/2/1 更新

「EQADS」が2019レーススケジュールを発表

レーススケジュール2019

<2-3月>
今年は2月の初めからアフリカ・カメルーンでの国際戦「ツール・ド・レスポワール」に参戦(日本ナショナルチームU23選抜選手のみ)。遠征のために選手は予防注射摂取が義務付けられ、いきなり大忙しのシーズンインとなります。アフリカ後の2月中旬から3月末までは、フランスのローカルレースにてじっくりと調子を上げて行きます。

 

<4-5月>
3月31日から6月上旬までは、U23選手にとっての世界最高峰レースシリーズ『UCIネイションズカップU23』転戦。「ツール・デ・フランドルU23」や、「リエージュ-バストーニュ-リエージュU23」などの伝統戦が含まれる激戦です。それらと並行してウズベキスタンでの「アジア選手権」や「ツアー・オブ・ジャパン」が開催されます。これらのレースに出場するには、ナショナルチームメンバーに選ばれる必要があります。

2月4-9日開催の「ツール・ド・レスポワール(カメルーン)」

UCIネイションズカップU23の一戦、「ヘント・ウェヴェルヘムU23」(2018年大会のチームプレゼン)

<6月>
6月下旬は日本人選手にとって最重要大会とも言える「全日本選手権ロード(個人TT&ロードレース)」。ディフェンディングチャンピオンを2名(石上優大&津田悠義)擁するEQADSとしても結果重視で臨みます。

<7&8月>
全日本選手権ロードの後に少々の休暇(1週間程度)を入れた後は、怒涛の後半戦に向けて再起動。8月にはU23世界最高峰ステージレース「ツール・ド・ラヴニール(要出場権獲得。日本ナショナルチームU23代表に選抜された選手のみ出場)」という、世界転戦での一大ピークが待ち構えています。

<9月-10月>
9月末には世界一決定戦である『UCI世界選手権ロード(イギリス)』。翌年のビッグチーム移籍を希望する選手にとっては、2019年の最終試験となります。10月には世界で培った走りを日本の皆様にお披露目できる貴重な機会「ジャパンカップ」。世界トップチームに胸を借りるのではなく、ギャフンと言わせるべく結果を狙って参ります。

2018年「全日本選手権ロードU23」。石上優大と松田祥位がワンツーフィニッシュ。

2019年「ツール・ド・ラヴニール」のコースマップ。”ツール・ド・フランスU23”とも称される世界最高峰のU23向けステージレースだ

2018年「ジャパンカップ」の石上と松田

 

詳細はこちらをチェックしよう。
http://www.eqads.jp/news/node/239

RANKING

page top