NEWS

2019/3/25 更新

【ツール・ド・とちぎ】レイモンド・クレダーが第3回ツール・ド・とちぎ王者に

逆転勝利!ステージ優勝のレイモンド・クレダーが個人総合1位

ツール・ド・とちぎ最終日の第3 ステージは、那須烏山市のJR 烏山駅前をスタートし、さくら市、日光市、鹿沼市、栃木市、佐野市を経て足利市の足利市総合運動公園にフィニッシュする150km。今大会唯一のラインレースにして、ツール・ド・とちぎ史上最長距離のレースとなる。途中2 回のポイント賞と、3 級山岳1 回、2級山岳1 回が設定される。
第2 ステージまでを終えて、個人総合順位は1 秒差に3 名、30 秒差に54 名の僅差。第3 ステージの結果によっては、誰にでも総合優勝のチャンスがある状況でした。
朝から青空が広がり、陽射しに暖かを感じるものの風は冷たいまま。レースの進行と共に風が強まる中での最終日となった。

左から、ポイント賞マリス・ボグダノヴィッチ(インタープロサイクリングアカデミー)、U23 賞ラ イアン・シュルト(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)、山岳賞アンガス・ライオンズ(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)、個人総合首位オールイズ・アルベルト・アウラール・サナブリア(マトリックスパワータグ)

スタート前のステージイベントには多くの観客が集まった

那須烏山市内を流れる那珂川を渡る集団

リアルスタート直後からアタック合戦が続くが、31km 地点のさくら市総合公園前での1回目のポイント賞では、鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)が先頭通過し、レイモンド・クレダー(チーム右京)が2 位通過。リーダージャージのオールイス・アルベルト・アウラール・サナブリア(マトリックスパワータグ)は、ボーナスタイムを獲得できる3 位以内に入れなかった。

40km を過ぎて片岡市に入ってから6 名の逃げ集団が形成される。メンバーは、山本元喜(キナンサイクリングチーム)、木村圭佑(シマノレーシング)、パク・サンフン(LX サイクリングチーム)、コナー・マルタ(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)、西尾憲人(那須ブラーゼン)、佐藤健(日本大学)。集団との差は最大で1 分30 秒まで開く。

さくら市総合公園前の中間ポイント賞は鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)が先頭通過

6 名の逃げ集団にメイン集団とのタイム差が告げられる

85km 地点、鹿沼市の3 級山岳を佐藤が先頭通過。その後も6 名は逃げ続けるが、117km 地点の2 級山岳に向けてメイン集団が差を詰め始める。それまではリーダーチームのマトリックスパワータグがペースコントロールをしていたが、山岳賞ジャージを着るアンガス・ライオンズ(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)がメイン集団の先頭に立ってペースアップ。栃木市から佐野市に入り、2 級山岳手前1km 付近までに全ての逃げを吸収する。

登りに入ると、アンガス・ライオンズが単独で先行し、総合3 位のベンジャミン・ダイボール(チーム・サプラ・サイクリング)が追走する。2 級山岳頂上をアンガス・ライオンズ、ベンジャミン・ダイボールの順に通過すると、下りを利用してベンジャミン・ダイボールが単独で先行する。

鹿沼市の松坂トンネル前の3 級山岳ポイントは佐藤健(日本大学)が先頭通過

オリヴァーズ・リアル・フード・レーシングが山岳賞ジャージのアンガス・ライオンズを連れてペースアップ

登りでバラバラになったメイン集団から、オールイス・アルベルト・アウラール・サナブリア(マトリックスパワータグ)、レイモンド・クレダー(チーム右京)、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)らを含む10 名が追走。132km 地点の佐野市アリーナ田沼前に設定された2 回目の中間ポイント賞はベンジャミン・ダイボールが先行して通過するが、その直後に追走集団がベンジャミン・ダイボールを捕まえる。
残り10km を切って足利市へ入るも、その後は飛び出す動きもないまま最後のスプリント勝負へ。残り200m の最後の左コーナーを先頭で通過したレイモンド・クレダー(チーム右京)がそのまま先頭でフィニッシュ。オールイス・アルベルト・アウラール・サナブリア(マトリックスパワータグ)が2 位、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が3 位に入った。

レイモンド・クレダー(チーム右京)が優勝

この結果、レイモンド・クレダー(チーム右京)が中間ポイント賞のボーナスタイム4秒と、フィニッシュのボーナスタイム10 秒、計14 秒を獲得。レイモンド・クレダー(チーム右京)が7 秒しかボーナスタイムを獲得出来なかったオールイス・アルベルト・アウラール・サナブリア(マトリックスパワータグ)を逆転して個人総合首位となり、第3 回ツール・ド・とちぎ王者となった。

日本人選手では、この日3 位の岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が個人総合8 位から同4位に、横山航太(シマノレーシングチーム)が10 位で終えている。

 

■個人総合・ポイント賞総合優勝のレイモンド・クレダー(チーム右京)
スプリンターなので今日の後半は特にきつかった。2 級山岳の登りで遅れたけれど、下りで追いつくことが出来た。数日前にコースを試走していたので、ラスト200m のコーナーのことも知っていたから勝つことが出来たと思う。優勝出来て本当に嬉しい。

 

■山岳賞総合優勝のアンガス・ライオンズ(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)
山岳賞を維持することを目標にスタートした。途中メカトラがあったりてパニックになったけれど、チームメイトが助けてくれたおかげで2 回目の山岳賞(2 級山岳)を獲ることが出来た。

 

■U23 賞総合優勝のライアン・シュルト(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)
最後のステージはハードだった。U23 ジャージを維持するために最大限にプッシュした。この結果はとても嬉しい。

 

■個人総合4 位の岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
今日はチームが自分の個人総合成績をジャンプアップさせるために動いてくれ、最初の中間ポイント賞では隊列を組んで誘導してくれたが、はぐれてしまってうまくいかなかった。2級山岳の登りでチームが位置取りしてくれたおかげで、最後の先頭集団に入れたのは良かった。ステージ3 位、個人総合4 位という結果に終わり、あと一歩届かなかった。

ポイント賞総合のレイモンド・クレダー(チーム右京)

山岳賞総合表彰式のアンガス・ライオンズ(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)

U23 賞総合のライアン・シュルト(オリヴァーズ・リアル・フード・レーシング)

個人総合優勝のレイモンド・クレダー(チーム右京)

■第3回 ツー・ド・とちぎ
開催日:2019 年3 月24日
開催地:栃木県 那須烏山市~足利市
レース3日目:ロードレース
距離:150km(うちパレード2.5km)
観客:52,000 人(JR 烏山駅7,000 人、沿道30,000 人、足利市総合運動公園15,000人)
天候:晴れ
気温:11℃
写真提供:第3回ツール・ド・とちぎ
http://www.tourdetochigi.com/

RANKING

page top