NEWS

2019/4/15 更新

石のトロフィーにキスしたのはジルベール 過酷なレース「パリ~ルーベ」

(PHOTO A.S.O. Pauline_Ballet)最後5人の集団から抜けただしたフィリップ・ジルベール(ドゥクーニンク・クイックステップ、ベルギー)とニルス・ポリット(カチューシャ・アルペシン、ドイツ)

優勝候補とされた選手たちが、パンク、落車で脱落していく中、レースは残り15kmで、5人に絞られ、フィリップ・ジルベール(ドゥクーニンク・クイックステップ、ベルギー)、ニルス・ポリット(カチューシャ・アルペシン、ドイツ)ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ、スロヴァキア)イヴ・ランパールト(クイックステップ・フロアーズ、ベルギー)、セプ・ファンマルク(EFエデュケーション、ベルギー)が残る展開となった。

さらにそこから抜け出したジルベールとポリットがルーベのべドロドーム(競技場)に入り、ジルベールが昨年のサガンの駆け引きを彷彿させる駆け引きで抜け出し、優勝を飾った。
さらに13秒差で追走集団から抜け出したランパールトがとり、クイックステップが1、3フィニッシュを飾った。また、昨年優勝のサガンは5位でのゴールとなった。さらに、6位にフロリアン・センシェル(ドゥクーニンク・クイックステップ、フランス)が入るなど、クイックステップ、そしてボーラハンスグローエのスペシャライズドに乗るチームの活躍が目立った。

 

結果

1  フィリップ・ジルベール(ドゥクーニンク・クイックステップ、ベルギー)

2  ニルス・ポリット(カチューシャ・アルペシン、ドイツ)

3  イヴ・ランパールト(ドゥクーニンク・クイックステップ、ベルギー)

4  セプ・ファンマルク(EFエデュケーション、ベルギー)

5 ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ、スロヴァキア)

6 フロリアン・センシェル(ドゥクーニンク・クイックステップ、フランス)

(PHOTO A.S.O. Pauline_Ballet) 昨年優勝したサガンは5位でフィニッシュした。

(PHOTO A.S.O. Pauline_Ballet)

(PHOTO A.S.O. Pauline_Ballet)優勝した、ジルベールは、2012年の世界チャンピオン。ジロ・デ・ロンバルディア(2009、2010年)、リエージュ~バストーニュ~リエージュ(2011年)、(2011)、およびロンド・ファン・フラーンデレン(2017年)で優勝しており、「モニュメント」と呼ばれる歴史的なクラシックレースでの勝利は5度めとなる

(PHOTO A.S.O. Pauline_Ballet)

RANKING

page top