NEWS

2019/4/29 更新

BMX「2019JBMXF大東建託シリーズ」が岡山で開幕

チャンピオンシップは、池上と酒井が優勝

若手からベテランまでが顔を揃えたチャンピオンシップ男子。開幕戦を制したのは、スタートからの優位を守り切り、追い上げた深川匠とのリードを守り切った大阪の池上泰地。2位には深川、3位に地元岡山で日本代表としても活動した高橋堅太(MJカンパニー)が入った。
女子チャンピオンシップは現全日本王者の瀬古遥加(IRC TIRE)と朝比奈綾香のエリート2名と、ジュニアの酒井亜樹(DEUX ROUES ELITE TEAM)、3人の争い。こちらは3ヒートの合計で争われ、酒井が格上のエリートをリードする走りで、3回ともトップでゴール。2位に瀬古、3位に朝比奈と続いた。

チャンピオンシップ男子結果 優勝 池上泰地(大阪府/関西BMX競技連盟、表彰中央) 2位 深川匠(埼玉県/秩父BMX協会、表彰左) 3位 高橋堅太(岡山県/岡山県BMX協会/MJカンパニー、表彰右)

チャンピオンシップ女子結果 優勝 酒井亜樹(大阪府/関西BMX 競技連盟/DEUX ROUES ELITE TEAM、表彰中央) 2位 瀬古遥加(三重県/中部BMX 協会/IRC TIRE、表彰左) 3位 朝比奈綾香(大阪府/関西BMX 競技連盟、表彰右)

チャレンジは世界選入賞者が活躍

5歳から競技に参加できるBMXレースは、世界選手権においても年齢別のワールドチャレンジが開催されている。本大会でも2018年のワールドチャレンジで入賞した選手が活躍した。昨年ワールドチャレンジのガールズ8歳クラスで優勝した澤田茉奈は、ガールズ9-10歳クラスで年上の選手を圧倒する走りを見せ優勝を決めた。ワールドチャレンジボーイズ7歳で7位の高崎成琉もボーイズ7-8歳クラスに出場し、3回行われる初戦(モト)から準決勝、決勝まですべてをトップでゴールして、開幕戦を勝利した。昨年のワールドチャレンジにアメリカチームからボーイズ8歳に出場し6位入賞の平栗嶺は、ボーイズ9-10歳クラスで決勝に進出するも4位だったが、1歳年上のライダーを相手に健闘した。

ガールズ9-10 歳優勝の澤田愛奈(埼玉県/秩父BMX 協会、ゼッケンW1、表彰中央)

ボーイズ7-8 歳優勝の高崎成琉(愛知県/中部BMX 協会、表彰中央)

開会式には笠岡市市長の小林嘉文氏も登壇。笠岡をBMXの聖地にしたい思いを語った

開会式で選手たちにエールを送る、大東建託未来のアスリート支援プロジェクト事務局の廣本繁樹氏。表彰式では同じく大東建託未来のアスリート支援プロジェクト事務局の杉江廣之氏がプレゼンターを務め、各賞のメダルとともに優勝者には、大東建託の公式キャラクター「だいとくん」のぬいぐるみが贈られた

「だいとくん」は優勝したキッズライダーにも人気だった。写真はガールズ5-8歳クラス優勝の中村優里(広島県BMX協会)

大会概要
大会名:JBMXF大東建託シリーズ第1戦/西日本1戦 岡山大会
主催:一般社団法人 全日本BMX連盟
主管:岡山県BMX協会
公認:公益財団法人日本自転車競技連盟
開催場所:かさおか太陽の広場BMX自転車競技場(岡山県笠岡市)
開催期日:2019年4月27日(土)~4月28日(日)
後援:笠岡市、笠岡市教育員会、笠岡市体育協会
協賛:大東建託未来のアスリート支援プロジェクト、IRC TIRE/井上ゴム工業株式会社、特定非営利法人ドゥールース
株式会社みらい住宅開発機構、Team Gantrigger、Race inc. Japan(受付順)

 

※一部写真とキャプションに誤りがありました。訂正いたします。

RANKING

page top