NEWS

2019/4/30 更新

【JBCF西日本ロードクラシック Day1】JFTで望月が、JETで寺崎が勝利

望月美和子が今シーズン初優勝(JFT)

1周12.3kmのコースを3周する36.9kmで行われた女子のJフェミニンツアーのレースは、1周目を終えた時点でJフェミニンリーダーの伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)と望月美和子(フィッツ)の2人が先行する。バラバラになった後続との差を大きく広げて入った2周目、登り区間で望月の後輪に接触してしまった伊藤が落車。伊藤は自力でレースに復帰するが、望月との差は10秒以上に開く。

望月は単独先行のまま最終周回の3周目に入る。追走する伊藤との差は一時10秒未満に縮まるものの、その後差は広がり、望月が逃げ切って今季初優勝。昨年の東日本ロードクラシック群馬大会以来の勝ち星を挙げた。

1周目からフェミニンリーダーの伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)と望月美和子(フィッツ)が先行

望月美和子(フィッツ)が優勝

<結果 Fクラスタ 36.9km>
1位 望月美和子(フィッツ) 1時間5分25秒
2位 伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER) +38秒
3位 大坂智加(Team ZERO UNO FRONTIER)  +2分40秒
Jフェミニンリーダー 伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)

寺崎武郎が昨年に続き広島大会連覇(JET)

8周98.4kmで行われたE1クラスタ。スタート直後からアタックが繰り返され、1周17分台の速いペースで周回が進む。4周目、U-15の全日本チャンピオン梅澤幹太(エキップuレーシング)、中里仁(Rapha Cycling Club)ら6人が先行。5周目には4人まで減るものの、集団に1分前後の差をつけて逃げ続ける。

6周目、中里のペースアップに梅澤が反応し、先頭集団は2人に。一方後方集団からは、寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)、皿谷宏人(エキップティラン)ら4人が追走し、7周目に先行する中里と梅澤に合流して6人の先頭集団となる。

最終周回、後方集団との差は1分以上に開いたままとなり、勝負は先頭集団の6人に絞られた。残り4km付近から始まる「三段坂」で寺崎がアタック。これに追従出来た皿谷のみが残り、勝負は残り200mのスプリントへ。最後は寺崎が皿谷を下し、昨年の西日本ロードクラシック広島大会に続くE1クラスタ2連覇を達成した。

上り坂でペースアップする寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)

寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)が皿谷宏人(エキップティラン)をスプリントで下して優勝

<結果 E1クラスタ 98.4km>
1位 寺崎武郎(バルバレーシングクラブ) 2時間31分58秒
2位 皿谷宏人(エキップティラン) +2秒
3位 糸川典住(CIERVO NARA ELITE) +47秒
4位 中里 仁(Rapha Cycling Club) +49秒
5位 坂口裕芳(soleil de lest) +49秒
6位 梅澤幹太(エキップuレーシング) +57秒
Jエリートツアーリーダー 比護 任(イナーメ信濃山形-EFT)

 

第53回JBCF西日本ロードクラシック 広島大会
日付 2019年4月20日
開催地・コース 広島県三原市 広島県中央森林公園サイクリングコース(12.3km/1周)
距離 36.9km(F)、98.4km(E1)、49.2km(E2)、36.9km(E3)
文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟
http://www.jbcf.or.jp/

RANKING

page top