NEWS

2019/5/13 更新

【JBCF宇都宮ロードレース】チームブリヂストンサイクリングがワンツー

今村駿介がJプロツアー初優勝

「令和」最初のJプロツアーは宇都宮市が舞台。第5戦はジャパンカップでもおなじみ宇都宮市森林公園で開催される「宇都宮ロードレース」だ。コースは、宇都宮周辺のサイクリストの間では「鶴周回」と呼ばれる、鶴カントリークラブ前を通過する1周6.7km。距離は短めながらも斜度のきつい登りが2ヶ所あり、それ以外もうねるようなアップダウンが繰り返されるハードなコースだ。

この日は27℃を超える最高気温を記録した宇都宮市。夏を思わせるような日差しの下、レースがスタートした。

レースは14周する93.8km。パレードののち、リアルスタートが切られるとアタックが繰り返され、速いペースで周回が進む。4周目、プロリーダージャージを着る岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が単独先行。それを追って岡泰誠(イナーメ信濃山形)が集団から飛び出して合流。兄弟2人の逃げ集団が形成される。メイン集団はTEAM BRIDGESTONE Cycling、シマノレーシングなどがペースコントロールし、50秒前後の差を維持して周回を重ねていく。

夏の日差しの下、スタートラインに揃ったJプロツアーの選手

レース中盤は岡泰誠(イナーメ信濃山形)と岡篤志(宇都宮ブリッツェン)の兄弟が逃げる

レースが後半に入った8周目、メイン集団がペースアップし、逃げる岡兄弟との差が30秒に縮まる。その後も差は縮まり続け、9周目に吸収される。その後は再びアタック合戦が始まり、11周目に入部正太朗(シマノレーシング)のアタックをきっかけに小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)、窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling)の3人が10秒前後の差をつけて先行する。しかしメイン集団は逃さず、13周目までに吸収する。

最終周回目前、昨年覇者の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、入部、今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、トマ・ルバ(KINAN Cycling Team)、小石祐馬(Team UKYO)の5人が先行。メイン集団との差は20秒まで開く。最後の登り区間でルバや入部がアタックするが決定打とならないまま残り1kmmへ。そこに単独でブリッヂをかけた窪木が追いつき、勝負は6人のスプリントに持ち込まれた。

最終周回の登りでアタックするトマ・ルバ(KINAN Cycling Team)

残り100mのホームストレートに先頭で姿を現したのは今村。その後ろに窪木が続き、TEAM BRIDGESTONE Cyclingが1-2フィニッシュを達成。今村のJプロツアー初優勝と共に、チームとして今季1勝目を挙げた。

6人のスプリント勝負を制した今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が優勝

<結果  JPT 93.8km>
1位 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 2時間20分51秒
2位 窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +0秒
3位 入部正太朗(シマノレーシング) +1秒
4位 トマ・ルバ(KINAN Cycling Team) +2秒
5位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +10秒
6位 小石祐馬(Team UKYO) +31秒
敢闘賞 岡 泰誠(イナーメ信濃山形)、岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
中間スプリントポイント
5周回完了時、10周回完了時 トマ・ルバ( KINAN Cycling Team)

Jプロツアーリーダー 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

Jフェミニンツアー(JFT)

4周26.8kmで行われたFクラスタには、昨年個人総合優勝した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が今季初出場。その唐見が1周目から登り区間でペースアップして集団の人数を絞っていく。唐見は3周目までに残った5人をさらにふるいにかけ、藤村祥子(MOPS)と2人となって最終周回へ。残り2kmからの登りで唐見がアタックするも藤村を振り切れず、勝負はスプリントへ。最後は藤村が唐見を振り切って優勝した。

スタート直後は集団で進む

見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)を振り切ってフィニッシュする藤村祥子(MOPS) 

<結果 Fクラスタ 26.8km>
1位 藤村祥子(MOPS) 48分34秒
2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) +5秒
3位 大堀博美(YOKOSUKA UNO RACING)  +51秒
Jフェミニンリーダー 伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)

Jエリートツアー(JET)

6周40.2kmで行われたE1クラスタは、レース終盤までに5人が先行。最終周回に入ってアタックが繰り返されるものの、決定打が産まれないままスプリント勝負に持ち込まれ、エンリック・ルバース(YAMANAKAKO Cycling Formation)が優勝した。

レース終盤、5人が逃げ続ける

エンリック・ルバース(Yamanakako Cyclisme Formation)が優勝

<結果 E1クラスタ 40.2km>
1位 エンリック・ルバース(YAMANAKAKO Cycling Formation) 1時間1分27秒
2位 雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド) +0秒
3位 平井光介(EQADS) +0秒
4位 岩島啓太(MIVRO) +3秒
5位 原田将人(ALL OUT reric) +27秒
6位 森崎英登(Yamanakako Cycling Formation) +37秒
Jエリートツアーリーダー 比護 任(イナーメ信濃山形-EFT)

Jプロツアー第5戦
第3回JBCF宇都宮ロードレース
日付 2019年5月10日
開催地・コース 栃木県宇都宮市 宇都宮市森林公園 鶴カントリー倶楽部周辺特設コース(6.7km/周・右回り)
距離 93.8km(JPT)、26.8km(F)、40.2km(E1)、26.8km(E2)、20.1km(E3)
文/写真 JBCF 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟
http://www.jbcf.or.jp/

RANKING

page top