NEWS

2019/5/14 更新

初山翔、単独で144km 逃げる!!ジロ・デ・イタリア第3ステージ 

当初から「逃げると決めていた」初山

(以下、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネプレスリリースより 一部改変)

5月11日にイタリア中部のボローニャで幕開けした第102回目のジロ・デ・イタリア(2.UCIワールドツアー)はトスカーナ地方を南下し、13日の第3ステージはルネッサンスの巨匠レオナルド・ダヴィンチの生まれ故郷であるヴィンチから、ティレニア海沿いのオルベテッロまでの220kmのロングステージ。
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、昨日に引き続き、まずは逃げに選手を送りこむべく、この日は「逃げると決めていた」という初山翔がファーストアタックを仕掛ける。集団からリードを奪ったものの、追走を仕掛ける選手は現れず、スタート後2km地点から、初山の長いソロエスケープが始まりまった。

いくつかの起伏や強い横風や追い風が吹くシーンがありましたが、集団は落ち着いて走行。初山は最大で7分強のタイム差を稼ぎましたが、中盤に差し掛かると強い風に影響により、集団はややナーバスになりながらペースアップ。沿道の大声援を受けて力強く走っていた初山でしたが、迫り来る集団の勢いにはかなわず、今大会最初の逃げは144kmで幕を閉じた。

トスカーナの丘陵地帯を走るメイン集団 Photo: LaPresse - D'Alberto / Ferrari / Paolone / Alpozzi

スプリント勝負でガビア・フェルナンドが優勝

その後も集団はハイペースを刻み、強い風もあって70名ほどに人数を減らし、やや小さくなった集団でのゴールスプリントの展開となり、ガヴィア・フェルナンドが(UAEチームエミレーツ)が優勝。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは新人スプリンターのジョバンニ・ロナルディが世界屈指のスプリンターに食らいつき、区間13位でレースを終え、初山も3分14秒遅れの169でゴールした。

初山翔のコメント

監督のマリオからは「逃げに乗れ」と言われていた。昨日も同じオーダーが自分とチーマに出ており、昨日はチーマが乗ったので、今日はお前が行け!という感じだった。風もあったので集団にいてもラクではないと思っていたので、スタート直後からアタックを仕掛けた。誰も付いてこなかったので、タイム差が1分ほど開いたところで少し後ろを待ったが、誰も来ず、これはもう一人で行くしかないと思った。この状況で逃げ切りの可能性はないと思っていたが、できるかぎり逃げたい、ゴールから近い位置で捕まりたいと考えながら走り続けた。無茶に踏んでいっても、捕まることはわかっていたし、今日のゴールまでの展開や、まだ3週間レースが続くということも考慮して無理をしない程度に温存しながら走った。

今日、逃げに乗れたことは良かったと思う。携帯がなりやまないくらいの大きな反響をいただいていて嬉しい。明日からもエネルギーを温存できるところはとことん温存しながら、逃げなのか、何かできることをしたい。今日1日で3週間分の仕事をしたとは思っていないので、また明日からも引き続き頑張りたいと思う。

第3ステージ
1 GAVIRIA Fernando UAE-Team Emirates 100 80 5:23:19
2 DÉMARE Arnaud Groupama – FDJ 40 50 ,,
3 ACKERMANN Pascal BORA – hansgrohe

169 HATSUYAMA Sho Nippo Vini Fantini Faizanè 3:14

個人総合成績
1 ROGLIČ Primož Team Jumbo-Visma 10:21:01
2 YATES Simon Mitchelton-Scott +0:19
3 NIBALI Vincenzo Bahrain Merida +0:23

171 HATSUYAMA Sho Nippo Vini Fantini Faizanè +18:55

ジロ・デ・イタリア公式ページ
www.giroditalia.it/eng/

コースはトスカーナ州ヴィンチからオルべっテロまでの丘陵地帯を走る220㎞

スタート地点の様子。マリアローザのプリモッシュ・ログリッチェ(Team Jumbo-Visma) Photo: LaPresse - D'Alberto / Ferrari / Paolone / Alpozzi

スプリントはイタリアチャンピオンのエリア・ヴィヴィアーに(ドゥクーニン・クイックステップ)が制したが降格、ガヴィア・フェルナンド(UAEチームエミレーツ)が勝者となった Photo: LaPresse - D'Alberto / Ferrari / Paolone / Alpozzi

RANKING

page top