NEWS

2017/1/19 更新

RCSがワイルドカードを発表、NIPPOがミラノ〜サンレモに初出場!

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、残念ながらジロ・デ・イタリアへの3年連続の出場は逃しましたが、3月に開催されるストラーデ・ビアンケ、ティレーノ〜アドリアティコ、そして伝統ある名門クラシックレース、ミラノ〜サンレモへの出場権を得ました。NIPPO・ヴィーニファンティーニにとって、ティレーノ〜アドリアティコとミラノ〜サンレモへは初めての出場となります。

●RCSスポルト主催UCIワールドツアー 出場権獲得レース
3月4日 ストラーデ・ビアンケ
3月8日〜14日 ティレーノ〜アドリアティコ
3月18日 ミラノ〜サンレモ

●大門宏監督/マネージャーのコメント
チームのレーススケジュールを管理する立場としては、ジロ云々ということよりも彼ら(RCSスポルト)から招待されるレースがようやく確定し、ペンディング中だった3月のスケジュールが確定し、正直ホッとしている。

過去2年間のワイルドカードの配分を見ていると、ジロに選ばれなかったチームは春先のミラノ〜サンレモ、ティレノ〜アドリアティコの招待を得ていたので、そういった経緯からも今回の発表を心待ちにしていた。

今年は株式会社NIPPOがロードレースチームに日本鋪道時代から関わり続けて30周年を迎える。その節目にヨーロッパでも最も尊いと言えるイタリアの伝統あるミラノ〜サンレモに参加できるチームに初めて関われたことを大変光栄に思う。

ジロに関しては、イタリア登録の新しいチームを発足させた2015年から、幸いにも2年連続でジロへの招待を得てきたが、今年は100回記念大会。主催者にとってワイルドカード枠は、これまで以上に色々な要因も配慮した政治色の濃いセレクトになっても不思議ではないと予測していた。

また、今シーズン所属する日本人選手のレベルにとって、ジロでスタートを切ることが個々の成長に直結し得ないことは重々自覚していた。3年後の東京オリンピックを見据えたとしても、ジロを走る前に経験しなければならない相応しいレースプログラム、ステップは少し考えるだけでも山ほど思いつくからだ。

確かに我々のチームのイタリア人選手、関係者、日本のロードレースファンの方々にとってはある意味残念な結果かもしれないが、我々のようなコンセプトを抱えているプロコンチネンタルチームにとって、ジロに参加することは、前後の月(4月、6月)も、すべての選手、スタッフを巻き込み、チーム全体がジロの犠牲になってしまうことが自分としては懸念材料だった。

さらにジロの参加が決まると、どうしてもチームで最も神経を集中するビックイベントになってしまいジロが総力戦になる。過去2シーズン、ジロを経験し、日本人選手の成長を考えれば考えるほど、本当に簡単なプログラムではないと感じていた。

日本人選手の成長を願う意味でも今回の決定を、イタリア人選手、スタッフとともに少しでもポジティブに捉え、落ち着いてシーズンを通したレースプログラム、また我々に課せられているミッションと向き合いたい。

配信元:NIPPO・ヴィーニファンティーニ
http://teamnippo.jp/

page top