バイシクルショップガイド
注目ショップ

CYCLE PINE(サイクルパイン)

外壁の大きな看板が目印!

甲州街道の環七と環八のほぼ中間地点世田谷区側にお店は位置している。環八方面から向かう場合は、反対車線越しに見える大きな看板が目印になる。

トレックをメインに個性を演出できるブランドも揃う

完成車やスポーツサイクルを楽しむうえでのアクセサリーを見やすくディスプレイしているのが1階のスペースだ。アメリカ最大級の総合バイクブランドであるトレックの自転車をメインとして、ツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたイタリアのピナレロも取り扱う。また、こだわりのハイエンドロードが中心のルックやサーヴェロも取り扱っており、少数精鋭ながらもユーザーが乗って楽しく、所有して喜べるバイクがセレクトされている。こだわりのクロモリロード派には、神戸発のフルオーダーハンドビルドフレームブランドであるビバロがオススメだという。

スタッフ紹介

スタッフの松井武弥さん(左)と前田泰宏さん(右)。
個人個人に最適なバイクやアクセサリーのアドバイスや、技術力の高いメカニックサービスを提供している。なんでも気軽に相談してみよう。
お客さんの多くは競技志向でないが、プロ選手に憧れて最新のレースバイクに乗る人も多いという。

入ってすぐのメカニックスペースで安心を提供

メカニックスペースは店舗の奥ではなく、入ってすぐの場所に設置されているのがサイクルパインの大きな特徴だ。場所柄、通勤や通学途中のSOSも多いというだけに、スピーディーにバイクの修理や調整を行える体制が整えられている。パーツを在庫していない一般車は対象外となってしまうこともあるが、スポーツバイクであればサイクルパインで購入した自転車はもちろんのこと、他店で購入したものでも快く対応してくれる。

イザドアアパレルを取り扱い!

階段を上った2階スペースには、マーチンとペーター、双子のベリッツ兄弟が手がけるスロバキアの高品質サイクリングアパレル「イザドア」が展示される。マーチンは元プロロード選手で、ペーターも現役は退いたもののプロ選手としての経歴をもつ。厳しいヨーロッパのレースを戦い抜いてきた経験を生かしたウエアは、サイクルパインが本国から直接仕入れているもの。メリノウールを使用したラインナップは、着心地に優れるだけでなく、洗練されたデザインも魅力だ。

バイクに合わせたシューズ&ヘルメットも

バイクの購入と同時にヘルメットやシューズも同時にセットアップできるよう専用のコーナーを設ける。シューズはフィジーク、ヘルメットはカスクと、セレクトされた商品はスタッフのお墨付きだ。

休日を有効に使える「あされん」が人気

毎週日曜日の開店前に行っているのが「あされん」というイベントだ。8時にお店を出発して連光寺坂や多摩川サイクリングロードを走る40km前後の「初心者あされん」と、尾根幹を通り多摩境まで60km前後に距離を伸ばした7時スタートの「ノーマルあされん」が交互に行われている。どちらもロードバイクの爽快感を味わえるもので、あくまでも「あされん」であって「朝練」ではないので、ハード過ぎることなく気軽に参加できる。初級者は「初心者あされん」からはじめてみよう。こちらに参加するためには、サイクルパイン・メンバーになる必要がある。

「あされん」イベント情報はこちら

サイクルパインで自転車本体か同等のパーツセットを購入。もしくは入会金3,240円(税込)を支払うとサイクルパイン・メンバーに入会できる。通常3,240円(税込)のソフトメンテナンスサービスを生涯無料で受けられるほか、パーツ類購入時の5%割引、工賃が通常の半額になるなど、特典は盛りだくさんだ。
「あされん」「ライドイベント」もサイクルパイン・メンバーが対象となる。

アクセスマップ

page top