2018/11/20 更新

【バイシクルオブザイヤー2019】CANNONDALE・SYSTEMSIX HI-MOD

常識を覆す走りをもたらすキャノンデール初のエアロロード

キャノンデールとして初のエアロロードとして誕生したシステムシックス。これまで軽量ロードに注力してきたキャノンデールがエアロに大きく舵を切ったモデルだが、ただ他社を追随したモデルではない。フレーム、フォーク、ハンドルバー、ステム、ホイール、シートポストとバイクを構成する6つの要素を1台のバイクとして統合し、空気抵抗の低減を追求。これにより勾配が6%以内であれば、軽量モデルのスーパーシックスよりも速く走れるのだという。ロードバイクで想定される勾配で6%以上というのはそれほど多くない。つまりシステムシックスは、エアロの要素からアプローチした、オールラウンダーなのだ。

今回ノミネートされたハイエンドモデルのシステムシックスハイモッドに装着される専用パーツ「ノット」の存在も見逃せない。ノット64ホイールはタイヤ幅を広げて走行抵抗を軽減。ノットシステムバーはハンドルとステム一体のデザインながら、2ピース構造でピッチ調節を可能とした。

ケーブルを完全に内装しながらもヘッドベアリングの外側を通すことで整備性を確保したのも評価できるポイント。システムシックスは、エアロロードの常識を覆す革新的なバイクといえる。

 

 


キャノンデール・システムシックス ハイモッド デュラエースDi2

Spec.

●105万円(完成車/税抜)
●フレーム/フォーク:
●コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2、ホログラムSiSL2
クランク、パワー2マックスパワーメーター
●ホイール:ホログラムノット64カーボン
●タイヤ:ヴィットリア・ルビノプロスピード
●サイズ:47、51、54、56、58
●実測重量:7.77㎏(51/ペダルレス)

 

実際の重量よりも軽さを感じる乗り味 ―岩田淳雄―

【IMPRESSION RIDER】
岩田淳雄

高い空力性能を実現しており、エアロロードの使命とも言うべき最高速度を出しやすいモデルの最右翼だ。速度が上がっても挙動に不安を感じさせず、地面を確実に捉える走行感は、バランスに優れている。また操縦性は重厚感があり、高速域のコーナーやダウンヒルでも安心してステアリングを切ることができた。アグレッシブさを前面に押し出したモデルではない分、万人になじみやすいエアロロードと言えるだろう。64㎜ハイトのノットホイールは平地向きではあるが、意識的にトルクを高めなくてもスムーズに加速する登坂性能は及第点だ。

 

【IMPRESSION RIDER】
ハシケン

ギリシア彫刻にもガンダムのモビルスーツにも見えるマッシブなデザイン。古代から続く美と近未来のロボットを彷彿とさせる外観だ。完成車重量は今回でも重い部類に入るが、平地はもちろん、上りでも巡航性能は落ちなかった。エリートが開発したという、ボトルケージとBB付近の一体型収納も斬新で、空気抵抗の軽減はもちろんのこと、工具グッズなど、アクセサリー類を持たないスタイルを提案している先進的なバイクだ。近い未来に自転車も空を飛べるようになる? そういう未来をも想像できる、その名のとおり「タイムマシーン」だ。

問:キャノンデール・ジャパン
www.cannondale.co.jp

page top