2018/11/20 更新

【バイシクルオブザイヤー2019】CERVELO・S5 DISC

衝撃的シルエットをまとった2019年最大級の注目モデル

エアロの分野で最先端を走り続けるサーヴェロ。衝撃的ともいえるシルエットが与えられフルモデルチェンジを果たしたS5は、2019年モデル最大級の注目モデルと言っていい。専用フォークとステム、ハンドルまでを一体化したデザインにより、前面投影面積を低減。前方から見ると3角形を描くステムとハンドルで空気抵抗を軽減し整流効果も生み出している。風洞実験とコンピュータ解析により導かれたこの形状で、全体での空気抵抗は前作比で42g軽減している。またディスクブレーキ専用フレームとしたのは、その安定した制動力だけでなく、エアロの要素でも有効と判断したからにほかならない。

S5を最も頼りとするのは、高速でフィニッシュラインに駆け込むスプリンターだ。そのため空力性能だけでなく、高出力の入力を推進力に変換する剛性が求められる。このためにヘッドチューブのねじり剛性を13%、BBの剛性を25%高めた。さらに過剛性をよしとせず、ジオメトリーとカーボンレイアップの見直しで、安定性と振動吸収性も向上。エアロを基軸とし、あらゆる面から上質を追い求めた新生S5は、トップスプリンターだけでなく一般のライダーにもよさのわかるバイクだ。

 

 


サーヴェロ・S5 ディスク

Spec.

●158万円(デュラエースDi2 R9170完成車/税抜)
●フレーム:カーボン
●フォーク:カーボン
●コンポーネント:デュラエースDi2
●ホイール:エンヴィ・SESディスク5.6
●タイヤ:コンチネンタル・グランプリ4000S Ⅱ
●サイズ:48、51、54、56
●実測重量:7.32㎏(ペダルレス)

 

すぐに身体になじみレーシーな走りができる ―管洋介―

【IMPRESSION RIDER】
管洋介

注力したトルクがサクッと流れていき、高い後輪追従性で前方へ押し出されるペダリングフィールは、低重心の走行安定感にじつにマッチして非常にレーシー。登坂でも同じフィーリングでハイトルクを軽々とこなす。剛性の高さが際立っているかと思いきや、ダンシングで下死点まで踏み込むと、しっかりとしコシのあるウイップ感のレスポンス。レーサーのセンシティブな要求を見事に満足させる仕上がりだ。スーパーエアロロードといえる高い巡航性能はペースが落ちることを知らず、高いスピード域でライバルに差をつけることができるだろう。

 

【IMPRESSION RIDER】
浅野真則

エアロロード大豊作の2019モデルのなかで、サーヴェロはコックピットまわりのカッコよさが群を抜いていると思う。ステム一体型のハンドルは見た目のインパクトもさることながら、空力性能も高く、ポジション調整も細かくできるのはすばらしい。エアロロードは威張りが効いてナンボの部分があると思うので、この点をまず評価したい。走行性能に関しては平坦基調では確かに速いものの、上りでは軽量レーシングロードに比べてやや重さを感じる部分も。自分がレースで使いたいかと問われると「?」マークがつくので、満点とはしなかった。

問:東商会
www.eastwood.co.jp

page top