2018/11/20 更新

【バイシクルオブザイヤー2019】GIANT・DEFY ADVANCED PRO 1

速さと快適性を両立させた本格的なエンデュランスバイク

パリ〜ルーベをはじめとしたタフなクラシックレースに対応する速さと快適性を両立したディファイが、4年ぶりのフルモデルチェンジを果たした。新型ディファイ最大のポイントは、シートポストに用いられていた振動吸収性の高いDフューズの機構をハンドルにも盛り込むなど、パーツも含めたトータルパッケージでの性能追求を目指したことだ。コンタクトSLR Dフューズハンドルバーは、ステムとのクランプ部分のすぐ脇をD型の断面に成形することで、優れた振動吸収性を発揮。さらに路面からの突き上げに対しては柔軟性を、ライダーがハンドルを引いた動きに対しては剛性を高められる。これまでのオーバル断面ではなし得なかった、力の加わる方向で剛性を変化させることに成功している。

フレームにおいても新たに32Cタイヤまで装着可能なクリアランスを確保。形状やカーボン積層を煮詰めることで、これまで以上の快適性を実現している。チームサンウェブからのフィードバックが確実に生かされている形だ。ライダーのレベルを問わず、快適性は常にプラスの方向に働くもの。ホビーユーザーにおいても、ロングライドのアベレージスピードを高める強い味方になるバイクだ。

 

 


ジャイアント・ディファイ アドバンスド プロ 1

Spec.

●フレーム/フォーク:アドバンスドグレードコンポジット
●コンポーネント:シマノ・アルテグラ
●ホイール:ジャイアント・SLR1ディスクカーボン
●タイヤ:ジャイアント・ガビアAC1
●サイズ:410(XS)、445(S)、480(M)、515(ML)㎜
●実測重量:7.79㎏(ペダルレス)

 

グラベルも走ってみたくなる大人の一台 ―澤野健太―

【IMPRESSION RIDER】
澤野健太

今回唯一のコンフォートバイク。ディファイはしまなみ海道、琵琶湖一周など、日本を代表するサイクリングコースにあるジャイアントストアでレンタルでき、一般の人が楽に長距離をこなせるバイクとして定評がある。今回、こっそり道を外れた砂利道も走ったが、Dフューズシートピラーと、その技術をそのまま取り入れた、D型断面のハンドルが予想以上にショックを吸収してくれた。タイヤは今や同社定番の28Cチューブレスだが、32Cのタイヤを履くことができ、グラベルにも行ってみたくなる。「次の週末にどこに行こうか」。そう考えるのが楽しくなる、大人の一台だ。

 

【IMPRESSION RIDER】
ハシケン

もっさりとしたネガティブな入力感は皆無で、優しさを持った伸びやかな加速が気持ちいい。ペダリングはトルクをかけやすく、登坂も滑らかに駆け上がっていく。また、ポジションのレンジが広く、サドルにしっかり腰を据えても、バイクの安定性は崩れず、高い直進安定性がしっかりとリードしてくれた。ロングライドやグランフォンドを楽しむ多くの人に至福の時間を提供してくれるだろう。コックピットまわりのビジュアルも洗練された次世代エンデュランスモデルだ。今回、ピュアレーサーのなかに堂々ノミネートされ、ここに評価できてうれしい限りだ。

 

問:ジャイアント
www.giant.co.jp

page top