2018/11/20 更新

【バイシクルオブザイヤー2019】LAPIERRE・XELIUS SL ULTIMATE

エアロテクノロジーをも採用した軽さが際立つオールラウンダー

グルパマ・FDJによってツール・ド・フランスをはじめとした最高峰のレースを戦うラピエールのバイク。両者のパートナーシップは長年にわたっており、ライダーの声を製品作りに生かす体制が整えられている。2019年のニューモデルとしてリリースされるのが、オールラウンダーのゼリウスSLアルチメイトだ。シートステーがシートチューブを介さずにトップチューブへと接続される、ゼリウスの代名詞といえる形状が、当然のように受け継がれるなど、大きな変更点を外観から見いだすことは難しいが、逆にとらえると、それはゼリウスの完成度の高さゆえといえる。

最も大きなトピックとなるのが、同社のエアロロードである、エアコードで培ったテクノロジーを採用したことだ。ダウンチューブは、フロントホイールとのすきまを小さくし、形状を変更することで空気抵抗を軽減。シートクランプもインテグラルタイプを採用した。トップチューブの上端よりも、ステムを低い位置に取り付けられる形状もエアコードからのフィードバックであり、より戦闘的な低いポジション構築を可能とした。フレーム重量900gを切る軽さは健在で、これまで以上に熟成が進められたことで、正常進化を果たしたといるだろう。

 

 


ラピエール・ゼリウス SL アルチメイト

Spec.

●38万9000円(FDJ、PINOT/フレームセット/税抜)
37万9000円(ブラックブルー/フレームセット/税抜)
●フレーム:カーボン
●フォーク:カーボン
●コンポーネント:シマノ・アルテグラ
●ホイール:ゼンティス・スクワッド2.5
●タイヤ:コンチネンタル・グランプリ
●サイズ:46、49、52、55
●実測重量:6.66㎏(ペダルレス)

 

ノミネートバイクのなかで走りの軽さはナンバーワン ―浅野真則―

【IMPRESSION RIDER】
浅野真則

個人的には今回のバイクのなかで最も好きな一台。フレーム売りなので試乗車は参考でしかないが、上りでの軽快さとコーナーでのキレ、抜群の加速性能に心を揺さぶられた。現状では重量面ではキャリパーブレーキのバイクの優位性は揺るぎないので、このキレッキレの走りはキャリパーブレーキ仕様の軽量ロードでしか味わえない。仮に手持ちのパーツを組み込んでポジションを出したら、全く違和感なく乗りこなせるだろう。ディスクブレーキの台頭でキャリパーブレーキはいずれ絶滅危惧種になるだろうが、だからこそ今のうちに手に入れておきたい一台。

 

【IMPRESSION RIDER】
管洋介

乗り出した瞬間からゼリウスの持つハリのあるBBまわりのバネ感に「これは飛び道具になる」と思わせる期待に包まれる。非常に直進安定性が高く、踏み込むたびにフレッシュなレスポンスを得られる剛性バランスは、次のペダリングへのアプローチをバイクが作り出してくれる。これにより疲労感を感じることなく高いスピード域に到達することができる。ポジショニングの幅が広いシート角で、サドルのどの位置に座っても踏み心地とバイクの推進力に違和感がない。クリテリウムから、長距離まで幅広く活躍できるハイブリッドバイクだ。

 

問:東商会
www.eastwood.co.jp

page top